赤く盛り上がった傷跡を消すには?

更新日:2016/12/09

物理・化学的皮膚障害

やけどなどの傷が治った跡や、手術後にできてしまった赤い傷跡。こうした傷跡を目立たないように改善する方法はあるのでしょうか? ここでは、ドクター監修のもと、皮膚が赤く盛り上がった傷跡に対する治療法について解説します。

稲葉岳也先生

この記事の監修ドクター

いなばクリニック 院長
稲葉岳也先生

やけどやすり傷などの傷を負ったり、手術をしたりした場合、傷がふさがった後に赤く盛り上がった傷跡が残ることがあります。このような傷跡は肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)やケロイドと言いますが、ケロイドが傷の範囲を越えて広がっていくのに対し、肥厚性瘢痕は傷の範囲内にとどまります。ここでは、肥厚性瘢痕に対して有効な治療法について、詳しく解説します。

薬以外にもさまざまな治療法がある

皮膚の表面だけが損傷した浅い傷では、跡が残らず治る場合がほとんどです。しかし、治りが遅い傷では、傷を負ってから1か月のうちに傷口が赤く盛り上がり、それが数か月成長しつづけることがあります。その後、改善はするものの、平らで目立たない傷跡になるまでに数年かかってしまいます。

このような肥厚性瘢痕は、赤く目立つというだけでなく、痛みやかゆみをともなうこともあります。症状を改善するための治療法には、外用薬や内服薬を使った薬物療法や、レーザー治療、シリコーンジェルシート、固定療法、手術などがあります。なお、薬物療法については、『傷跡を消すには、どんな薬が効果的?』で詳しく解説していますので、そちらをご覧ください。

レーザー治療

色素レーザーには、肥厚性瘢痕の色を薄くしたり、平らにしたりする効果があます。また、かゆみや痛みなどの自覚症状を改善する効果も認められています。早期に治療したほうが効果は高くなりますが、肥厚性瘢痕に対するレーザー治療は保険適用外です。治療を行うかどうかは、医師の診察を受けたうえでよく検討する必要があります。

固定療法

皮膚組織を大きく欠損した傷や、関節などの皮膚が動く部分にできた傷は、皮膚が引っぱられやすいため、肥厚性瘢痕ができやすくなります。傷がふさがった後、すぐにサージカルテープでテーピングを施せば、傷にかかる張力が軽減し、肥厚性瘢痕の予防につながります。日常的なテープの貼り替えは、患者さん自身や家族が行わなくてはならないため、医師からしっかり指導を受ける必要があります。

シリコーンジェルシート

傷跡に粘着性のあるシリコーンジェルシートを貼り付けるだけの、簡単な方法です。適切に使用することで、肥厚性瘢痕の赤みや盛り上がりを改善できます。シリコーンジェルシートは、粘着面を中性洗剤で洗うことでくりかえし使用可能です。市販品もありますが、長時間貼り続けると接触性皮膚炎を引き起こすこともあるため、正しく使用して効果を上げるためにも、医療機関で処方してもらうほうがよいでしょう。

手術

肥厚性瘢痕を切除し、皮膚を縫い縮める(単純縫縮;たんじゅんほうしゅく)ことで、傷跡を目立たなくすることができます。ただし、縫い合わせることで皮膚が引っぱられると、肥厚性瘢痕が再発することもあるため、表皮ではなく真皮を縫い合わせる(真皮縫合;しんぴほうごう)など、再発の予防に十分留意する必要があります。

どの治療法を選択するか、医師とよく相談を

どの治療法が適しているかは、肥厚性瘢痕の状態や患者さんの年齢、体質などによって異なります。1つの治療法を単独で行うよりも、いくつかの治療法を併用したほうが効果が高い場合もあるため、治療にかかる期間や費用なども含めて、治療方針については医師と十分に話し合って決めましょう。

今すぐ読みたい

関連記事

注目情報

公式アプリ

fem.
fem.

毎日1つ。ドクター監修の簡単ヘルスケア・ビューティー習慣!