赤ちゃんや子供が誤飲した場合の吐かせ方

更新日:2016/12/09 公開日:2016/05/23

赤ちゃんの窒息・誤飲

赤ちゃんや子供が誤飲した場合、その症状や飲み込んだ物によっては救急車を呼んですぐに受診が必要です。誤飲した後の状態を見て、適切に対処しましょう。ここでは、ドクター監修の記事で誤飲した場合の吐かせ方を紹介します。

赤ちゃんが誤飲した場合は、どのように対処すればよいのでしょうか。対処法は、1歳未満かどうかで異なります。赤ちゃんの命を守るためにも、適切な対処法を身に付けておきましょう。

まずは症状、状態を確認

子供が誤飲したら、まずはその症状を確認しましょう。急に咳きこみ始め、息苦しそうに、顔色が悪いなどの症状がある場合は、窒息を起こしかけている可能性があります。口の中を確認して、奥まで入っていなく異物が見える場合は、体を横向きにし、口の中に人指し指を入れ、頬の内側に沿わせ、奥にある異物を掻き出しましょう。

急いで救急車を呼ぶ必要があるケース

次のような場合に無理に吐かせると、窒息を起こしたり、肺や食道を傷つける恐れがあるため、吐かせずに早急に受診しましょう。特に(1)~(3)の場合においては、すぐに救急車を呼びましょう。

  1. 意識が無い
  2. 痙攣をおこしている
  3. ガソリンや石油など揮発性のものを飲んだ
  4. 強酸性や強アルカリ性の漂白剤やカビ取り剤などを飲んだ
  5. がびょうやホチキスの針など鋭利な物を飲んだ

1歳未満の赤ちゃんの吐かせ方

1歳未満の赤ちゃんを吐かせる際には、まずは赤ちゃんの頭を胸よりも少し低くし、大人の片方の腕の上にうつ伏せに乗せましょう。そして、下あごをしっかり掴んで固定し、もう片方の手の平を使って、赤ちゃんの肩甲骨の間を叩きます。だいたい、4~5回を目安に叩くとよいでしょう。

1歳以上の小児の吐かせ方

1歳以上の小児を吐かせる場合は、まずは子供の背後に立って、子供のわきから腕を差し入れるようにして抱えこみましょう。そのまま、握りこぶしをへそのやや上に当て、さらにもう片方の手で握りこぶしを掴み、そのまま腹部を背骨の少し上方向にかけて5回圧迫しましょう。ただし、この方法は、事前に練習をしておいたり、指導を受けて身に付けておかなければ実践することは難しいものです。そのため、まずは1歳未満の赤ちゃんの吐かせ方を実践することをおすすめします。

意識がない場合は急いで心肺蘇生を行う

誤飲した赤ちゃん・子供の意識がない(反応が見られない)場合は、年齢に関わらず、救急車を手配するよりも先に心肺蘇生を行う必要があります。赤ちゃん以外に2人いる場合は、1人は救急車の手配を、1人が心肺蘇生を行いましょう。

心肺蘇生は以下の手順で行います。

(1)気道を確保する

固い床に仰向けに寝かせ、頭を後ろに反らせて下あごを持ち上げます。口に詰まっているものは掻き出します。

(2)人工呼吸を行う

呼吸をしていない場合は人工呼吸も行います。子供の口と鼻に同時に2回息を吹き込み、胸が上がるかも確認します。

(3)心臓マッサージを行う

人工呼吸を行っても呼吸が戻らない場合は心臓マッサージを行います。子供の左右の乳首を結ぶラインより指1本分下あたりに中指と人差し指の2本を置き、胸の厚さの1/3程度沈むまで、1分間に100回の速度で30回行います。

救急車をまだ手配できていない場合は、心臓マッサージ30回、人工呼吸2回を5サイクル続けたあとに救急車を呼びましょう。

事前に対処法を身につけておくことが大切

赤ちゃんや子供が異物を誤飲した場合、一刻も早く適切に対処する必要があります。あらかじめ、対処法を知っているかどうかで赤ちゃんや子供の命を守れるかどうかが決まると言っても過言ではないでしょう。特に、1歳以上に適応される吐かせ方は、事前に身につけておくことをおすすめします。

今すぐ読みたい