赤ちゃんの赤いあざ(4)単純性血管腫(ポートワイン母斑)

更新日:2016/12/09 公開日:2016/05/23

赤ちゃんのあざ

単純性血管腫は、生まれつきある赤いあざで自然に消えることのない、治療が必要になるケースが多いあざです。目立たない部分だからと放置してしまうと、別の病気が潜んでいることもあるので、このまとめを読んで思い当たる場合は早期に病院を受診することをすすめます。

ヘルスケア大学参画ドクター

この記事の監修ドクター


ヘルスケア大学参画ドクター

単純性血管腫は、生まれつきある赤いあざです。別の病気が潜んでいることもあるので、思い当たる場合は早期に病院を受診することを検討しましょう。

消えない生まれつきの赤いあざ「単純性血管腫」

単純性血管腫は、赤ちゃんが生まれたときからある「色にむらがなく、境界線のはっきりした赤いあざ」です。別名「ポートワイン母斑」とも呼ばれています。サーモンパッチやウンナ母斑は境界が不鮮明で時間の経過とともに見た目が変化するのに対し、単純性血管腫が境界鮮明で大きさも濃さも乳児期には変化しないのが特徴です。

むしろ症状が変化してくるのは思春期から成人する頃にかけてなので、顔など目立つ部分のあざを放置すると外見に苦しめられるケースも多いです。患部は広範囲にわたる場合もあり、自然に消えるあざではないので早期からの治療を行うことが非常に重要です。

別の病気が潜んでいる可能性も

症状が顔の両側や片側(特に目の周辺)にある場合、確率は低いがスタージ・ウェーバー症候群という神経障害性の難病が潜んでいることもあります。他にも片側の腕や足だけにあざがある場合クリッペル・トレノネー・ウェーバー症候群という血管・リンパ管の奇形による難病の可能性も捨てきれないので、できるだけ早期に皮膚科専門医を受診したほうがよいです。

単純性血管腫の原因は胎児期にある?

単純性血管腫は、皮膚の下層にある真皮で起こる毛細血管の局所異常で、赤ちゃんがまだ子宮の中にいた胎児のころに真皮の毛細血管が拡張・異常増殖することが原因と考えられています。発生する確率は、男の子に比べ女の子の方が高く、顔や首に症状が出ることが多いですが、手足に症状が出ることも少なくありません。

早期からの治療が重要

単純性血管腫は、自然治癒する病気ではないので、できるだけ早期から治療を行うことが重要です。顔や頭など目立つ部分にできたあざは、大人になると盛り上がってくるので、それまでには治療を済ませたほうが外見に苦しめられることもなく、精神衛生上も好ましいと考えられます。

特に目の周辺に症状が出ている場合、放置すると目が圧迫され視力に悪影響を及ぼすこともあるので、いずれにしても早期発見・早期治療が重要な病気です。

単純性血管腫の治療法

レーザーによる治療が主流であり、70~80%の症状に対して有効とされています。治療は早ければ早いほど効果が期待できるので、できるかぎり早期の治療が望ましいです。ただし、症状が広範囲におよぶ場合は、麻酔の必要があるので生後3か月までは経過を観察し、赤ちゃんの成長を待ってから治療を開始するケースが多いです。