スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

味覚障害の原因と治療について

更新日:2016/12/16 公開日:2016/05/20

味覚障害の基礎知識

味覚障害とはどのような病気なのか、味覚障害が起きる原因を含めてドクター監修の記事で解説します。また、味覚障害は症状や原因によって受診すべき病院が変わってきます。受診する病院を選ぶポイントもお伝えします。

味覚障害とは、どのような病気なのでしょうか。

味覚とは

味覚には、「甘味」「塩辛味」「酸味」「苦味」という4つの基本味覚に「うま味」を加えた基本5要素があります。この味覚を伝達しているのは味蕾(みらい)と呼ばれる味覚受容器で、舌の表面を中心に軟口蓋(口の中の奥の天井部分)やのどの粘膜にも存在しています。口の中には約8000~10000個の味蕾があるといわれているのです。

味覚障害の種類

味覚障害になると、次のように甘い、塩辛い、すっぱい、苦いといった基本味覚がわからなくなります。

  • 味覚減退、無味症…味がわかりにくくなる、全く味がわからなくなる
  • 自発性異常味覚…なにも口に入れていないのに不快な味がする
  • 解離性味覚障害…主に甘味だけがわからなくなる(甘味以外の味がわからなくなることもある)
  • 異味症、悪味症…本来の味と違った味がする、何を食べても嫌な味がする

味覚障害が起きる理由

味覚の感受性は個人によって差が大きく、年齢や性別、生活習慣、病気やストレスなどの影響を受けやすいといわれています。味覚障害を引き起こす原因は主に次のとおりです。

  • 突発性……亜鉛の低下が原因のこともあります
  • 薬剤性……抗アレルギー薬や鎮痛・解熱剤など味覚障害の原因となる薬が多くあります
  • 亜鉛欠乏症……味蕾の新陳代謝が十分に行われなくなります
  • 全身疾患……貧血や消化器疾患のほか、脳梗塞や脳出血、糖尿病など味覚を伝える神経経路に異常をきたす病気があります
  • 口腔疾患……ドライマウスや舌炎など
  • 心因性……うつ病など
  • 加齢……年齢を重ねると味を感じる感覚器の機能が衰えるほか、さまざまな薬を飲んでいることが多いのも原因と考えられています

味覚障害の治療

味覚障害に関して専門的な検査や治療を受けるには、耳鼻咽喉科が適していると言えるでしょう。味覚外来を設置している病院もあります。ただし、味覚障害と合わせて次のような症状や原因がある場合は受診したほうがよい病院が変わってきます。

  • 倦怠感、立ちくらみ、のどの渇き、食欲不振…内科
  • 口の渇き(口腔乾燥症)…歯科
  • 糖尿病、肝不全、内分泌機能低下、風邪など…内科
  • 腎不全…泌尿器科
  • 唾液分泌低下…歯科
  • 舌炎、舌苔…歯科
  • 心因性…心療内科、精神科

どの病院を受診してよいのかわからない場合には、まずは耳鼻咽喉科や味覚外来を受診してから、それぞれの症状や原因に適した病院を紹介してもらうとよいでしょう。

また、薬剤が原因で味覚障害が起きている場合には、服用を簡単にやめるという判断はできません。かかりつけの主治医とよく相談して、薬剤の変更や投与量の調整などで対応する必要があります。

今すぐ読みたい