顎変形症のひとつである「上顎前突」とは

更新日:2017/03/17 公開日:2016/06/28

顎変形症の種類

上顎前突とは、いわゆる出っ歯のことです。見た目のデメリットばかりがクローズアップされる出っ歯ですが、健康面にも大きな影響をおよぼします。上顎前突の原因や問題点について、ドクター監修の記事で詳しくお伝えします。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)によって口元が気になり、思いきり笑えない、または横顔に自信がもてないなどの悩みを持つ人は多いと思います。顎変形症(がくへんけいしょう)のひとつである上顎前突は、何が原因で起こり、どうすれば改善できるのでしょうか。詳しく解説していきます。

「出っ歯」と呼ばれる上顎前突とは

顎変形症には、上下のあごの骨の位置や大きさによって、いくつかに分類されます。下あごより上あごが前方へ突出し、いわゆる「出っ歯」と呼ばれる状態を「上顎前突」と言います。「反っ歯」と呼ばれることもあり、日本では比較的多くみられる症状です。上あごが突き出ているため、相対的に下あごの骨が後退しているように見えるのも特徴です。

上顎前突には、歯とその支える骨のみが突出している歯槽性のものと、上あごの骨そのものが前突している骨格性のものがあります。歯性によるものの場合は、上の前歯が傾斜しながら突出しているため、唇が自然に閉じられなかったり、口を閉じたときに前歯が口から出てしまったりします。無理に口を閉じると、下あごに梅干しのようなシワができたり、下唇が上の前歯にあたってこすれたりします。

ひどい場合には、下の前歯が上あごの歯茎(前歯の後ろ)にあたることもあります。また、笑ったとき歯茎が露出する「ガミースマイル(歯ぐき笑い)」も、上顎前突の方に多く見られます。

上顎前突は、上あごが大きすぎたり、突き出ていたりする場合もあれば、下あごが小さすぎたり、後退していたりする場合もあります。どちらであるかを知るためには、レントゲンやCTなどによる検査を受ける必要があります。

上顎前突の原因

顎変形症は、先天性のものと後天性のものがあります。先天性の上顎前突には、生まれつき下あごに対して上あごが大きいということです。後天的な上顎前突の要因としては、乳幼児期の指しゃぶりやつめを噛むくせ、前歯を裏側から舌で押すくせ、飲みこむ時に舌を前に突き出すくせなどがあげられます。こうした習慣を日常的にくりかえすと、上の前歯が前方に倒れてきてしまうのです。特に、指しゃぶりのくせが、永久歯に生え変わる6~7歳ぐらいまで残っている場合は、歯並びが悪くなるケースが多く見られます。しかし、原因不明の場合もあります。

上顎前突の治療の目的

上顎前突を治療すると、見た目の面でも健康面でも、さまざまなメリットがあります。まず、口元の印象がよくなります。口元が気になってうまく話せない、人前に出たくないなどの心理的な辛さが改善されることも多く、自信が持てるようになります。

健康面では、口をきちんと閉じられるようになり、ドライマウスが改善されます。それにともない、口臭や歯周病のリスクも低減します。上下の前歯が正しく重なるようになるため、咀嚼がきちんとできるようになります。また臼歯部のみで噛み合わせをしていたのが、前歯部でも噛めることができるようになることによって、臼歯部の負担が減少し、将来的に欠損になる可能性を下げることができます。

また、上顎前突の子供の場合、転んだときに前歯を折ったり、唇を切ったりすることがよくあるため、早いうちに治療を始めれば、こうしたケガを防ぐことができるでしょう。

上顎前突の治療法

上顎前突の治療は、大人と子供では異なる方法で行います。子供の場合は、あごの骨の成長を正しく導く治療が行われます。具体的には、上あごの成長を抑え、下あごの成長を促進するヘッドギアや、ファンクショナルアプライアンス(機能的矯正装置)などの矯正装置が使われます。これらは、就寝時や家にいるときにのみ使うものです。

一方、大人の場合は、歯の1本1本に装置を取り付け、ワイヤーで固定する「マルチブラケット装置」で歯列を矯正するが一般的です。唇側(表側)に取り付けるものと、舌側(歯の裏側)に取り付けるものがあります。また、取り外し可能なマウスピース(インビザライン、クリアアライナーなど)を用いた矯正法もあります。

歯列矯正だけでは改善が見込めないほど重度の場合は、外科的な処置(顎矯正手術)も行われます。この場合は、口腔外科医と矯正歯科医が連携して治療にあたります。詳しくは『顎変形症の治療法』をご覧ください。

出っ歯が気になる人は早めに専門医に相談しましょう

上顎前突を含めた顎変形症は、自然治癒することはありません。変形の度合によっては歯列矯正のみで治療が行われることもありますが、矯正歯科治療と顎矯正手術を組み合わせた治療が行われる場合には治療機関が数年にわたることもあります。このような状況のため治療に対して不安を持つ人もいると思いますが、出っ歯を治すと見た目はかなり変わりますし、日常的な不具合も改善するケースが多いです。上顎前突は放置すると健康面にも影響することがあります。気になっている人は、早めに検査を受けてみましょう。