突発性難聴とは?原因や症状、完治はするの?

更新日:2016/12/09 公開日:2016/06/17

突発性難聴の基礎知識

突然耳が聞こえづらくなる病気のひとつに「突発性難聴」があります。声や音が聞こえる仕組み、難聴の種類、突発性難聴の症状や原因、病院で行われる診断方法と治療法などをドクターの監修のもと解説します。

突発性難聴はどのような病気なのか、症状の特徴や病院での診断方法と治療法について見てみましょう。

突発性難聴とは?

突発性難聴とは、突然に耳が聞こえづらくなる病気です

音や声などは、鼓膜までの通り道である「外耳」から体内に入ると、鼓膜の奥にある空間の「中耳」に伝わります。中耳の中にある3つの小さな骨は、震えを起こして音や声を大きくし効率的にさらに奥にある「内耳」へ伝えます。内耳では、リンパ液で満たされた蝸牛(かぎゅう)というカタツムリのような機関があり、そこで音や声が電気信号に変えられます。その後、内耳から奥には聴こえに関する神経と繋がる「後迷路(こうめいろ)」と呼ばれる神経を経て脳が音や声を認識しています。

声や音が脳に伝わる過程で、外耳や中耳で音の振動がうまく伝わらないことで起こる難聴を「伝音性難聴」、内耳や後迷路で音を感じる部分になんらかのトラブルが起こる難聴を「感音性難聴」、伝音声と感音性の難聴が混在した状態を「混合性難聴」と言います。

突発性難聴は3つのタイプの難聴の中で感音性難聴に分類されます。突発性難聴を発症した場合は、正確な診断と一刻も早い適切な治療を行うことが重要であり、早期治療を行うことで聴力が改善しやすいとされています。

突発性難聴の原因は?

原因としては、ストレス、ウイルス感染、内耳循環障害(血流障害)などが考えられていますが、明確な原因はまだわかっていません。

詳しくは『突発性難聴の原因とは?』をご覧ください。

突発性難聴の症状とは?

突発性難聴の症状は、いつから耳の聞こえが悪くなったのか、はっきりと自覚できるほど突然に難聴が起こることが特徴です。難聴の多くは片方の耳に起こりますが、まれに両耳が同時に聞こえなくなることもあります。

症状が重い突発性難聴では、難聴が起こる前後に、耳鳴り、耳が詰まるように感じる(耳閉感)、めまいなどの副症状が起こることもあります。さらに、副症状から吐き気や嘔吐をともなう場合もあります。

しかし、突発性難聴には症状が軽度の場合もあり、突然難聴になったことに気づくことが難しいケースもあります。

詳しくは『突発性難聴の症状とは?』をご覧ください。

突発性難聴の診断方法と治療

突発性難聴の診断では、耳鼻咽喉科で耳のX線検査をしたり、純音聴力検査で難聴の原因を診断したりしますが、症状によっては聴力検査や平衡機能検査などの精密な検査が必要になります。

突発性難聴の治療法は、飲み薬が中心です。薬物療法には副腎皮質ホルモン薬(ステロイド薬)、ビタミン薬、血流改善薬、利尿薬などが用いられます。突発性難聴は、できるだけ早期に治療を始めることで聴力が改善するといわれます。発症後は遅くても2週間以内に治療を始めることが大切です。

詳しくは『突発性難聴の治療法について』をご覧ください。

突発性難聴は完治するの?

突発性難聴は、適切な治療を受けて難聴が完治する確率は約1/3といわれます。その他の患者は、改善はするものの難聴や耳鳴りの後遺症が残る場合と改善しない人に分かれ、特に高音の難聴は治りにくいとされます。突発性難聴は内耳の循環障害が原因なので、手術などの外科治療での改善は望めません。

突発性難聴に関するまとめ

突発性難聴は、治療開始の時期がその後の聴力に影響を与えます。突然、耳の聞こえが悪くなった時は、迷わず耳鼻科を受診しましょう。

今すぐ読みたい