ストレスで突発性難聴になることがあるの?

更新日:2016/12/09 公開日:2016/06/17

突発性難聴のよくある疑問

突発性難聴の原因は明確になっていませんが、ストレスが関係しているという考えがあります。なぜストレスは突発性難聴を起こす可能性があるのか、また、ストレスが関係するその他の難聴について解説します。

突発性難聴の原因として考えられる、ストレスと難聴の関係を見ていきましょう。

ストレスは突発性難聴の原因?

突発性難聴の原因は明らかになっていませんが、内耳に起こる障害はウィルス感染や循環障害、ストレスが原因ではないかと考えられています。

突発性難聴の発症は比較的健康な人に多く、精神的ストレス、肉低疲労を感じているときに発症したケースがあることから、ストレスと突発性難聴発症の関係が疑われています。

ストレスは体の免疫力や循環器に影響を与え、心身にさまざまな不調を起こします。突発性難聴では、ストレスによって血管がけいれんすることで、内耳の循環障害が生じると考えられますが、因果関係はまだ明確にはなっていません。

突発性難聴の他にもあるストレスが関与する難聴とは?

ストレスは体にさまざまな影響を与えます。突発性難聴の他にもストレスが関与する難聴には以下の病気があります。

心因性難聴

心因性難聴は、外耳、中耳、内耳などの神経障害や、脳幹などに器質性(傷や血管の詰まりなど)の障害がなくても、聴力検査で異常がみられる難聴です。心因性難聴の原因は精神的ストレスからくるもので、特徴として男性より女性に多く、依存心の強い性格の人に発症するとされます。心因性難聴は学童期に多い病気であり、家庭環境のストレスや心理的葛藤から逃避するために難聴が発生します。

低音障害型突発難聴

低音障害型突発難聴は、ストレスや疲労、睡眠不足などが原因とされる急性難聴です。内耳の蝸牛にリンパ液が増え過ぎることで起こると考えられており、低音だけが聞こえにくくなることや、低音の耳鳴り、耳の詰まりを感じる症状があります。20~40代の女性に多い難聴です。

メニエール病

メニエール病は、内耳の内リンパ液が過剰となり、内リンパ水腫になることで起こる病気です。症状には、難聴、耳鳴り、めまいを繰り返すなどがあります。メニエール病の原因は、ストレス、几帳面な性格、睡眠不足、疲労、気圧の変化などです。

生活習慣を見直して突発性難聴を予防しよう

ストレスと突発性難聴の関係は明確になっていませんが、何らかの関わりがあるとされます。突発性難聴は、原因が特定できていないので、予防することも難しいのですが、誰がいつ発症してもおかしくない病気です。

ストレスは、突発性難聴に限らず、多くの病気の要因となるため、できるだけ規則正しい生活とバランスの良い食生活を送る生活習慣が重要になります。

過度の疲労や過剰なストレスの要因を改善するとともに、質の高い睡眠をとることも、ストレスをためない生活習慣につながります。そして、もしも耳の異常を感じた場合は、できるだけ早く正しい診断や治療を行うため、迷わず医療機関を受診しましょう。

公式アプリ

fem.
fem.

毎日1つ。ドクター監修の簡単ヘルスケア・ビューティー習慣!