肥厚性幽門狭窄症(ひこうせいゆうもんきょうさくしょう)の原因について

更新日:2016/12/16 公開日:2016/06/21

肥厚性幽門狭窄症の基礎知識

肥厚性幽門狭窄症(ひこうせいゆうもんきょうさくしょう)の赤ちゃんがミルクを吐き戻してしまう原因は、胃の出口が狭くなってしまうことにあります。ここではドクター監修のもと、肥厚性幽門狭窄症の原因について詳しく解説していきます。

肥厚性幽門狭窄症(ひこうせいゆうもんきょうさくしょう)の原因について詳しくみていきましょう。

肥厚性幽門狭窄症の原因

肥厚性幽門狭窄症の原因は、胃の出口である「幽門(ゆうもん)」の異常にあります。

通常、飲んだミルクは胃から幽門を通って十二指腸へとスムーズに流れていきます。ところが、肥厚性幽門狭窄症では、幽門の筋肉が厚くなり、通り道が狭くなって、内容物がうまく流れなくなります。その結果、胃の中にたまったものが一気に逆流して、勢いよく嘔吐します。

幽門(ゆうもん)の筋肉が厚くなってしまう理由は明らかになっていませんが、遺伝の影響も指摘されています。

肥厚性幽門狭窄症の頻度

肥厚性幽門狭窄症は、日本では1000人あたり1~2人程度の頻度でみられます。

生後2~3週から3か月くらいの間に発症するもので、生まれてすぐや生後半年以上経過してからの発症はほとんどみられません。

男女比は、5:1で男の子に多く、第1子に多いのも特徴ですが、女の子や第2子以降での発症も無いわけではありません。抗生物質エリスロマイシンを乳児に投与することも原因となります。

正常なミルクの吐き戻しとの違い

そもそも生まれたばかりの赤ちゃんがミルクを吐くことは、日常的によくあることです。

特に生後3か月頃までの赤ちゃんの胃は、ふたのない徳利のようなかたちをしているため、体を少し動かしたり、ゲップをしただけでも、ミルクを吐き戻してしまうことがあります。

ゲップの拍子にコポッと吐く、あるいは溢乳(いつにゅう)といわれる口の端からタラッと垂れる程度の吐き戻しは、このような胃の形状が原因でおこる吐き戻しであり、異常ではありません。

基本的には、大量に吐いたとしても、それが授乳後毎回ではなく、赤ちゃんが元気で体重も増えていれば、問題はないと考えられます。