卵巣腫瘍のひとつ、卵巣のう腫とは

更新日:2016/12/09 公開日:2016/06/23

卵巣腫瘍の基礎知識

卵巣にできる腫瘍の大半が、良性である「卵巣のう腫」だといわれています。一体、卵巣のう腫とはどういう病気なのでしょうか。卵巣のう腫の症状や種類、注意を要する年代などを、ドクター監修の記事で解説します。

卵巣が腫れる状態の「卵巣のう腫」といいます。自覚症状はないため、検診で偶然見つかることも考えられる病気です。年齢にかかわらず注意したい「卵巣のう腫」の疑問にお答えしましょう。

卵巣のう腫とは

「卵巣のう腫」とは、「卵巣の中に液体成分が溜まって腫れている状態」を総称してそう呼びます。のう腫のサイズは、ピンポン大からグレープフルーツ大までさまざまです。治療が必要でないタイプもありますが、通常は、経過観察として定期的な検査が必要です。症状に応じて、手術をする場合もあります。

ほとんどが良性

子宮筋腫と並んで、女性の生殖器に多く発生する腫瘍で、ほとんどが良性です。ただし、手術で腫瘍を摘出し、顕微鏡で調べる病理検査をしてみなければ、正確に良性であるとの断言はできません。

自覚症状

卵巣のう腫は、他の卵巣腫瘍と同様に、初期段階では自覚症状がほとんどありません。そのため、子宮がん検診や、内科受診などで偶然見つかることが多いといわれています。しかし、のう腫がこぶし大以上にまで大きくなると、下腹部に膨満感が出ることもあるので、注意が必要です。

好発する年代

一般的に、腫瘍は中高年以降に多く発生しますが、卵巣のう腫は10代や20代にも多く、幅広い年齢の女性が発症する可能性があります。

卵巣のう腫の種類

卵巣のう腫は、袋状の腫れものの中に分泌物などがたまり、その中身によって、以下の4種類に分類されます。

・機能性のう腫
排卵日の頃に腫れ、自然に消失するという一時的なもので心配はいりません。

・単純性のう腫
丸い袋のように見える良性ののう腫で、中には水が入っています。5~6cmまでの小さなものだと手術は不要ですが、定期的な経過観察は必要です。

・皮様(ひよう)のう腫
良性ですが、毛髪や歯、脂肪などができる腫瘍。小さいと無症状ですが、大きくなると下腹部に不快感や痛みを覚えます。経過観察が必要で、最終的には手術が必要になることもあります。両方の卵巣にできたり、再発したりすることもあります。

・子宮内膜症性のう腫
子宮内膜症が原因になってできるのう腫。子宮内膜症は、子宮内膜が子宮の内側以外のところに飛び、そこで増殖する病気ですが、その病気が卵巣にもでき、生理のたびに卵巣からも出血し、出口がないために卵巣内に変色した茶色のドロドロの血液がたまります。そのため、「チョコレートのう腫」とも呼ばれています。毎月の生理のたびにのう腫も徐々に大きくなり、性交時や生理のときに痛むことがあります。

卵巣のう腫の原因

卵巣のう腫の原因は、まだよくわかっていません。

唯一、原因がわかっているのが「チョコレートのう腫」で、子宮内膜症が卵巣内に発症したものです。

ひとくちに「卵巣がはれる病気」といっても、種類は多く、症状も治療もケースバイケースです。そういう意味で、素人判断は避けて、気になることがあれば、専門医に相談しましょう。