筋膜リリースって知ってる?筋膜が及ぼす体への影響

更新日:2016/12/09

筋膜リリースの基礎知識

筋膜とは、全身の筋肉や内臓、骨などを覆っている薄い膜のことです。ここでは筋膜の持つ主な役割と、筋膜が萎縮・癒着した場合の弊害、筋膜リリースの方法などについて解説していきます。

筋膜リリースの概要について説明します。

筋膜は第二の骨格

まずは、筋膜とはどのようなものなのかを簡単に解説します。

筋膜は体内のボディスーツ

筋膜は筋肉や骨、内臓などをボディスーツのように包み込んでいます。筋膜には、筋上膜・筋周膜・筋内膜の3種類があり、いずれも主成分はコラーゲンと水分です。筋膜は網目状に配置されているので伸縮性に富んでおり、正しい状態であれば体の動きを制限することはありません。

筋膜の持つ4つの役割

筋膜の役割は通称4Pと呼ばれています。1つの目のPは<Packaging>です。体内の各器官を覆って分離・結合する役割を指します。2つ目のP<Protection>は体内の各機関を覆って保護する役割、3つ目のP<Posture>は、姿勢と運動をコントロールする役割を意味します。4つ目のPは<Passageway>で、神経やリンパ管などの通路を作る役割のことを指しています。

筋膜の可動性が落ちるとどうなる?

筋膜は、萎縮・癒着して可動性が落ちることがあります。

燃焼率低下!?筋膜とダイエットの関係

筋膜が委縮したり癒着したりしている状態は、体にぴったりとフィットしたストレッチ性のない洋服を着ているようなものです。このような洋服を着ているときは、体が動かしにくいでしょう。同じように、筋膜が萎縮・癒着していると筋肉や関節が動きづらくなり、運動の効果が半減してしまいます。また、基礎代謝がおちるため、ダイエットにも悪影響があります。

肩こりの原因も筋膜にあった?

肩こりの原因には、筋肉疲労や血行不良などがあげられます。筋膜が委縮したり癒着したりしていると筋肉の動きが悪くなるため、血行不良などを起こしやすくなります。もし、マッサージなどで肩こりが解消されない場合は、筋膜の萎縮・癒着が原因となっている可能性もあります。

筋膜リリースを行うメリット

筋膜リリースとは、筋膜の萎縮・癒着を解消して正常な状態に戻すことです。筋膜の萎縮・癒着を解消することで、筋肉や関節が動きやすくなり可動域が増加、筋力が向上しやすくなり基礎代謝もアップするとされています。基礎代謝がアップすると燃焼率もアップするため、ダイエットにも効果的です。筋膜を引き離したりこすったりすることで簡単に筋膜リリースができます。筋膜リリースは、専用の道具や体操により可能です。

筋膜リリースを自宅でも手軽にできる

筋膜リリース専用のローラーなどもありますが、ストレッチボールやテニスボールでも代用できます。また、筋膜リリース体操では、道具なしで首や肩、腰、足など、全身の筋膜をリリースします。コリや痛み、たるみなどの症状改善が期待できる筋膜リリースの詳細は、『筋膜リリースの方法』をご覧ください。

公式アプリ

fem.
fem.

毎日1つ。ドクター監修の簡単ヘルスケア・ビューティー習慣!