腫れや激しい痛みが突然起こる血栓性外痔核とは?

更新日:2016/12/09 公開日:2016/06/25

血栓性外痔核の基礎知識

「血栓性外痔核」とは血豆が肛門のまわりにできる症状のことです。血栓性外痔核が起こる原因とメカニズム、症状および症状が改善されるまでの期間や治療法について、ドクター監修の記事で解説します。

肛門付近に激しい痛みが突然起きる「血栓性外痔核」。元から痔を持っていない人でも突然発症することがある「血栓性外痔核」とはどのようなものでしょうか。

痔持ちでなくても発症する血栓性外痔核

血栓性外痔核とは肛門の周りにできる血豆のことで、血栓ができて血管が詰まる一過性の症状です。痔持ちでなくても、皮膚下で内出血が起こった時に突然イボのような腫れができ、激しい痛みを生じます。

しかし、血栓が吸収されるとともに痛みも引いていき、自然になくなります。

激痛をともないやすい血栓性外痔核の原因とメカニズム

なぜ肛門のまわりに血栓ができてしまうのでしょうか。

肛門周辺の血が心臓に戻らない

肛門の周辺は血管が集まっている場所です。本来なら血は心臓へ送り返されるはずですが、戻りきれない血液が静脈に溜まると、血栓ができやすい状況になります。

肛門に一時的に強い負担がかかる

便秘や下痢を繰り返したり、排便時に長時間、または強くいきんだ時に肛門に過度な負担がかかり、血管が圧迫され、切れたりして内出血が起き、血栓になることがあります。また、スポーツ時の力みや、多量のアルコール摂取も肛門に負担をかける原因となるので注意しましょう。

血栓性外痔核でどのような症状が出る?

こんな症状が出たら、普通の痔ではなく血栓性外痔核です。

突然の固いイボや強い痛み

1つまたは複数のエンドウ豆ほどのイボが突然できること。また、排便時の強い痛みや、自分で触ったり押し込んだりできないほどの強烈な痛みがあることが挙げられます。

痛みや大きさによって異なる日常生活への影響

軽度であれば排便時の痛みだけで日常生活に支障はなく、数日間安静にすれば軽減するケースがほとんどです。

しかし、重度になると歩行が困難になったり、座ることができなくなったりするほど悪化する場合があり、痛みが長引くので早めに医療機関を受診することをおすすめします。

大きさや痛みの強さで異なる血栓性外痔核の治療法

治療方法は症状の重さで変わります。自己判断で放置せず、病院で正しく判断してもらいましょう。

軽度〜中等症であれば手術は不要

しこりが小さめで1つだけなら軽度と判断できます。大きなものや複数あるなど中等症程度の症状であっても、排便時の痛みだけで日常生活に支障がなければ、手術することなく治すことが可能です。ただし医師の指導を受け、症状に合わせた処方薬を正しく使うことが大切です。

激痛をともなう重度症状なら手術が有効

立てないほどの痛みを感じたり、一週間程度様子を見ても痛みの軽減が見られなかったりすると手術を勧められることがあります。手術は血の塊を取り去る小さなもので、回復が早くなるため、すぐに痛みを取りたい、治したい時は医師に相談するとよいでしょう。

今すぐ読みたい