前兆もなく突然痛みが始まる血栓性外痔核の原因とは

更新日:2016/12/09 公開日:2016/06/25

血栓性外痔核の基礎知識

血栓性外痔核とは、何の前触れもなく、突然強い痛みが起きる痔です。どのような行動・生活習慣が血栓性外痔核を招くのでしょうか。発症につながる原因について解説します。

血栓性外痔核が起きる原因とは、どのようなものがあるのでしょう。

血栓ができて腫れ上がることで起きる

血栓性外痔核は、肛門周辺の血管が詰まって「血栓」ができることが原因です。血が心臓に戻りきらず、肛門周辺がうっ血することで血栓になりやすくなります。

血栓性外痔核は何が原因で発症する?

血栓性外痔核の特徴はうっ血による血栓(血豆)ができることですが、なぜ血栓ができてしまうのでしょうか。

排便によるいきみやスポーツ時の力み

便秘や下痢による排便時のいきみ、スポーツ時の瞬間的な力みなど、過剰な力が肛門にかかった時に血管が破れ、それが血栓となって発症するケースがあります。

アルコールの過剰摂取や体の冷え

体の冷えは血行を悪化させて血栓性外痔核発症のリスクを高めます。しかし、血流がよくなるはずのアルコールの過剰摂取も同様に血栓性外痔核の発症リスクを高める危険があります。肛門周辺の血管は静脈が多く、血を流す力が弱いため、血液が大量に流れ込むと滞りを起こし、うっ血しやすくなるのです。

血栓性外痔核になりやすいのはどんなタイプ?

血栓性外痔核になった人を年代別に見ると、30〜40代に多く見られます。では、血栓性外痔核になりやすいタイプとはどのようなタイプなのでしょうか。

便秘や下痢が続いている人

慢性の便秘症の人が多く発症しています。排便時にいつも力を入れていきんでいたり、長時間いきんだりすることが原因です。

便秘と下痢をくりかえす場合も同様で、肛門への負担が大きいと血栓性外痔核になるリスクが高まります。頻繁にトイレに行く人は過度な力を入れすぎないよう気をつけましょう。

冷え性の人

体温や血圧が低く、冷え性で血行が悪いと、肛門周辺がうっ血しやすくなります。冷え性の人は便秘になりやすく、発症の可能性が高まります。

スポーツをする人、重いものを運搬する人

下半身を踏ん張って、肛門に圧力をかける姿勢を取るようなスポーツを頻繁に行う人、重いものを運搬する職業の人は注意が必要です。下半身に強い力がかかった瞬間に発症するのが血栓性外痔核の特徴ですから、心あたりがあれば普段から予防対策をしておくとよいでしょう。

また、肛門を締め付ける動作が多いゴルフやテニスなどのスポーツも、肛門まわりがうっ血しやすくなります。

妊娠後期の女性

妊娠後期に入ると子宮が大きくなり、腸を圧迫して血行不良を起こします。妊娠中は便秘になりやすいといわれますが、原因は腸の圧迫によるものです。血行が悪くなりやすいうえに便秘で便が硬くなり、排便時に肛門に負担がかかるので、血栓性外痔核を起こしやすくなるのです。