普通の痔でなく血栓性外痔核と判断できる症状とは

更新日:2016/12/09 公開日:2016/06/25

血栓性外痔核の基礎知識

血栓性外痔核は、肛門に血豆(血栓)ができて腫れ上がったものです。同じく肛門にイボ状の腫れが出るイボ痔などとはどのように異なるのでしょうか。血栓性外痔核の症状についてドクター監修の記事で解説します。

知らないでいると普通の痔と間違えてしまうこともある血栓性外痔核ですが、イボ痔などとは異なる特徴的な症状があります。どのような症状があれば血栓性外痔核と判断できるのでしょうか。

血栓性外痔核で起こる主な症状

排便時やスポーツなどで下半身に強く力を入れた瞬間、いきなり激しい痛みと腫れがあらわれます。下痢と便秘を繰り返した後にも起きやすいのが特徴です。

初期にあらわれる痛みの特徴

普通の痔は初期症状がほぼありませんが、血栓性外痔核は初期から強い痛みに襲われます。徐々に痛みが強くなるのではなく、突然激痛が起こることも特徴です。

ズキズキとくる鈍痛

前触れなく急に腫れ、ズキズキとした鈍痛を感じます。

力が入らなくなるような痛み

排便時にいきなり強い痛みを感じ、下半身に力を入れられなくなるケースが少なくありません。悪化すると立ったり座ったりするだけでも辛くなり、1か月以上痛みが続いて生活や仕事に支障をきたす場合もあります。

肛門周辺に固い塊があらわれる

コリコリとした固さの丸い塊が肛門周辺にあらわれます。通常の痔では肌の色が変わることはありませんが、血栓性外痔核は血の色が透けて青黒くなるのが特徴です。

大きさはエンドウ豆やパチンコ玉ほど

多少個人差はありますが、エンドウ豆やパチンコ玉ほどの大きさになることが多いようです。

複数のしこりができることもある

通常しこりは1つですが、複数か所で血栓ができると塊の数も多くなります。

血栓性外痔核に気づいたら正しい注意と対処法を

血栓性外痔核は、普通の痔と同じ対処をすると悪化する恐れがあります。

指で押し込んではダメ

イボ痔のように指で中に押し込むのは厳禁です。押し込んでもすぐ出てくることが多く、触る刺激は痛みをひどくさせる原因になります。

冷やすと悪化する

痛みがあっても冷やしてはいけません。血行が悪くなりうっ血しやすくなります。

肛門を清潔にして体を温めること

排便後は清潔な状態を保つ必要がありますが、ウォシュレット機能を使いすぎるのは過度な刺激を与えることになるので逆効果です。ぬるま湯で軽く湿らせて上から抑えるように拭き取りましょう。

入浴で全身の血流を促すことも大切です。入浴後はしっかり乾かし、横になって、下半身の血が心臓に戻りやすい状態で休むのも効果的です。下着の上からカイロで温めると応急処置的に血流を促すことができます。

刺激のある食べ物や激しいスポーツを控える

アルコールや刺激のある食べ物を控え、肛門にかかる負担を減らしましょう。

受診するタイミング

正しい対処法を続ければ数日で痛みは軽減します。それでも改善しない時は早めに肛門科を受診しましょう。

今すぐ読みたい