スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

陰部に毛嚢炎ができたらどうすればいいの?

更新日:2017/10/27 公開日:2016/06/22

女性の陰部にできる毛嚢炎(もうのうえん)の原因や症状、治療法について説明します。

女性の陰部は毛嚢炎になりやすい

女性の陰部は毛嚢炎がなりやすいとされますが、それはなぜでしょうか。

女性の陰部に毛嚢炎ができやすい理由

女性の陰部は角質層が薄くデリケートな部位です。そのため、小さな刺激にも敏感に反応し、さまざまな皮膚トラブルが起こりやすいです。また、外陰部には皮脂腺や汗腺が多く、おりものなどの分泌物もあることで、湿った状態になっていることが多いです。下着に覆われていることで湿度も高く、生理用ナプキンを使用している時は特にムレやすい環境です。このようなことから、陰部は雑菌が繁殖しやすく、毛嚢炎になりやすいとされます。特に、夏場や運動時にたくさんの汗をかいたときなど、長時間湿った状態が続くときは、毛嚢炎になりやすい傾向にあります。

女性の陰部に毛嚢炎ができるきっかけ

それでは、女性の陰部に毛嚢炎ができやすい環境や、主なきっかけを見ていきましょう。

生理用ナプキンの使用時
生理中はナプキンを使用することで陰部の通気性が悪くなります。陰部が高温多湿の状態になることで細菌が繁殖しやすく、毛嚢炎にもなりやすいです。
厚手のストッキングやタイツ着用時
ぴったりとしたストッキングやタイツ、レギンスなどを長時間はいていると、陰部の通気性が悪くなって高温多湿になり、細菌が繁殖しやすくなります。また、締め付けによる擦れや肌着などの刺激により、小さな傷やかぶれなどが起こり、そこから菌が入ってトラブルが起こりやすくなります。体にフィットしたスキニーパンツなども同様です。
脱毛・除毛後
ムダ毛を処理した際にカミソリ負けなどの肌ダメージがあると、毛穴が傷つくことがあります。その傷から毛嚢炎の原因となる細菌が入りやすくなるため、脱毛や除毛をした後は毛嚢炎になりやすいです。陰部は特に肌がデリケートなので、ちょっとした傷でもトラブルが起こりやすいです。
免疫力の低下時
疲れやストレス、バランスの悪い食事などによって免疫力が落ちると、肌のバリア機能も衰えるため、毛嚢炎などの肌トラブルが起こりやすくなります。

※毛嚢炎の原因について、詳しくは『ニキビのようなブツブツが現れる毛嚢炎とは』をご覧ください。

陰部に毛嚢炎ができたときの症状

外陰部の毛根部に数多くの小膿疱(しょうのうほう)ができます。ニキビのようなブツブツができますが、初期段階では赤みが少なく、痛みやかゆみもほとんどありません。悪化すると炎症や腫れをともない、膿が溜まることもあります。重度になると痛みやかゆみがひどくなります。軽症のときは放置しても自然に治ることが多いので様子を見てかまいませんが、重症になった場合は皮膚科での治療が必要です。

陰部にできた毛嚢炎の治療法

陰部に限らず、毛嚢炎の治療は症状の度合いに合わせて行われます。軽度、重度別の詳しい治療法を見ていきましょう。

軽度の場合

軽度であれば、自然に治ることが多いです。何もせずに様子を見てもかまいませんが、汗はこまめに洗い流すなど、患部は常に清潔を保つよう意識しましょう。通気性のよい下着を着け、1日に何度か交換するのも効果的です。また、陰毛を少なくすると湿度が下がって雑菌がたまりにくくなります。生理の際は、ナプキンをこまめに取り換え、ムレにくく清潔な環境を心がけましょう。

免疫力が下がらないよう、バランスのよい食事や十分な睡眠、適度な運動などを心がけ、疲れやストレスを溜めない生活を送ることも大切です。

重度の場合

重度の毛嚢炎の場合は、皮膚科での治療が必要になります。病院では、主に抗生剤が処方されます。内服薬のほか、抗生剤を含む軟膏も用いられることがあります。膿瘍(のうよう)になってしまった場合は、切開して膿を出す治療が行われることもあります。再発をくり返す場合は、膿のサンプルを採取して菌の培養検査を行うこともあります。検査結果によって、症状に合った抗生剤が処方されます。

※毛嚢炎の治療について、詳しくは『毛嚢炎になってしまったときの治療とは?』をご覧ください。

毛嚢炎はちょっとしたきっかけで起こりうる肌トラブルです。特に陰部はできやすい部位なので、清潔を心がける、肌にダメージを与えないよう注意するなど、日頃から予防を心がけましょう。毛嚢炎になってしまった場合は適切なケアを行い、悪化する前に治せるようにしましょう。それでも悪化してしまったときは、早めに皮膚科に相談し、適切な治療を行ってください。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー