5219名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

髪質は改善することができるの?

更新日:2016/07/28

髪質というと「生まれつきのものだから」と諦めてしまいがちではないでしょうか。しかし、ヘアケア方法や生活習慣を見直すことで、改善できる部分もあります。そんな髪質改善の方法をご紹介していきます。

後天的な要因の髪質は改善する可能性がある

髪質には、遺伝的な要因だけでなく、年齢の変化や食生活、ストレス、睡眠の質、ヘアケア方法など、後天的な要因も大きく影響しています。生まれつきの髪質を改善するのは困難でも、後天的につくられた髪質なら、改善することが可能です。

ヘアケアの基本はキューティクルを整えること

硬い髪質でも、やわらかい髪質でも、ヘアケアにおいては、まず「キューティクル」を整えることが大切です。

髪の毛は輪切りにしたとき、内側からメジュラ(毛髄質)、コルテックス(毛皮質)、キューティクル(毛表皮)という3層構造になっています。キューティクルは髪の一番外側にあるうろこ状の層で、髪内部を保護する役割を持ちます。

2番めの層であるコルテックスは、「吸水性と撥水性」という相反する性質を持つタンパク質から成っています。これらのバランスが整っていると真っ直ぐな毛になるのですが、パーマや紫外線によるダメージや乾燥などによりキューティクルがはがれると、髪の内部までダメージが進み、コルテックスのバランスが崩れてしまいます。すると、髪が乾いたときや濡れたときにクセが出やすくなるのです。

キューティクルは摩擦に弱いので、シャンプーやブラッシングの際は髪を摩擦しないようにしましょう。特に、濡れた状態のときはキューティクルが一時的に開いて引っかかりやすいので、洗髪後ドライヤーですぐに髪を乾かしましょう。

また、髪にも紫外線対策をする、パーマやカラーリングをやりすぎない、トリートメントを行うといったことも、キューティクルを守るうえで重要です。

くせ毛を目立たせないヘアケア

くせ毛が、軽いうねりや広がり程度なら、髪の乾かし方やドライヤーの使い方である程度抑えることが可能です。

タオルドライの方法

  1. タオルを頭にかけ、両手を使って、タオルごしに地肌の水分をしっかり拭き取ります。
  2. 根元が乾いたら、髪の真ん中から毛先にかけての水分を軽く取っていきます。このとき、タオルごしに髪を両手で髪をはさんで、ポンポンと叩くようにして水気を取りましょう。髪を摩擦しないようにすることがポイントです。
  3. 最後に、目の粗いクシを使って、根元の水分を毛先に落とすように、やさしくコーミングします。こうすることで、水気が落ち、ドライヤーを使う時間を短縮できます。

ドライヤーの使い方

  1. 毛先を中心に、洗い流さないトリートメントをつけます。
  2. 髪を内側から持ち上げ、まず根元から乾かします。このとき、毛の流れに沿うよう、後方から吹き下ろすようにして少し引っ張りながら乾かすと、うねりを抑えることができます。髪は乾くときに形がつきやすく、乾いてからだと引っ張りながらドライヤーをあてても形がつきにくいという特性があります。
  3. 毛先を内巻きにするときは、指で髪をひと束とり、毛先に向かってやや内巻きに引っ張るようにしながらドライヤーを当てます。そして、ドライヤーを外しても指をそのままキープして髪を冷やすと、内巻きが固定されうねりが出にくくなります。
  4. 乾かし過ぎて、髪が乾燥し過ぎないよう気をつけましょう。

頭皮の毛穴の皮脂づまりも、くせを強くする要因の1つです。シャンプーの際は、地肌もきちんと洗い、毛穴についた汚れを落としましょう。指の腹を使った頭皮マッサージも有効です。さらに、美容院で、髪質に合わせたトリートメントを行うのも、くせ毛を目立たなくするのにおすすめです。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート