1447名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

ニュアンスパーマとは

更新日:2016/08/09 公開日:2016/07/27

(画像提供:モードケイズ)

ニュアンスパーマは、ヘアスタイリングがしやすくなるのが大きなメリットです。ニュアンスパーマの具体的な特徴やメリット・デメリットを紹介します。

ニュアンスパーマとは

ニュアンスパーマはコールドパーマの一種で、熱を使わず薬剤のみでパーマをかけていきます。パーマ液を髪に浸透させて髪内部の結合を切断し、太めのロッドで形をつくってから再結合することでわずかなクセをつくります。

ニュアンスパーマの「ニュアンス」というのは、「ごくわずかな違い」という意味。つまり、ごくわずかな変化をだすためのパーマというわけです。ニュアンスパーマは髪にウェーブがつかない程度のごく軽いパーマのため、一見パーマをかけているようには見えませんが、髪に流れをつくることでスタイリングしやすくなります。

ニュアンスパーマの特徴

髪にごくわずかな変化をつけて、自然なくせ毛のようなやわらかい印象を与えることができます。ソフトワックスなどのスタイリング剤を使って簡単にスタイリングできるでしょう。おしゃれな雰囲気に仕上がりやすいのが特徴です。

ニュアンスパーマはこんな人におすすめ

パーマをかけたことがない人

ニュアンスパーマをかけても本来の髪型とほとんど変わりません。大きく失敗する可能性もないため、初めてパーマをかける人でも挑戦しやすいパーマと言えます。気軽に少しだけ変化を楽しみたい、という方におすすめです。

スタイリング剤を使ってもヘアスタイルに変化がでない人

直毛の場合、ヘアスタイルに変化をつけにくいことがあります。そんな人でもニュアンスパーマをければ、自然なくせ毛風にすることができます。

髪が細くボリュームがでない人

ワックスなどを使って髪をセットしても時間とともに崩れてしまう、という人も、ニュアンスパーマをかけると根元からふんわりさせることができ、ヘアスタイルが崩れにくくなります。

ニュアンスパーマに不向きな髪とは

ニュアンスパーマは太めのロッドを使うため、5cm以上巻けるほどの長さの髪が必要です。また、極端にクセが強い髪質をしていると、思ったようなふんわり感をだしにくいことがあります。パーマをかけることで髪にダメージを与えるため、現時点ですでに髪の痛みが激しい人も避けた方がよいでしょう。

ニュアンスパーマに不向きな髪質はあるものの、自分自身では判断が難しい場合もあります。一度美容師に髪質や髪の状態を見てもらい、相談しながらパーマをかけるべきか決めていくとよいでしょう。

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート