5219名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

ストレートパーマとは

更新日:2016/07/28

(画像提供:モードケイズ)

ストレートパーマの特徴やメリット・デメリット、髪をストレートにする仕組みなどをご紹介します。

ストレートパーマの特徴

ストレートパーマは本来、パーマをかけた髪をストレートに戻すために使われていましたが、現在ではクセのある髪をまっすぐに伸ばすものとして使われることが多くなっています。広がりやすい髪のボリュームを抑えるのにも役立ちます。ただし、縮毛矯正と違って強いクセを伸ばすのには適していません。

ストレートパーマでは、薬剤を髪に塗って髪を変形しやすいやわらかい状態にしてからクセを伸ばしていきます。以前は、アクリルパネルに髪をはりつけるパネル技法という方法が主流でした。アクリルのパネルに髪を伸ばしながらはりつけることで形を固定していたのです。しかし、このパネル技法は髪へのダメージが大きく切れてしまうことが問題だったために現在では禁止されています。ほかに、熱風でブローをする方法やコームやストレーナーを使って髪を伸ばす方法があります。

ストレートパーマのメリット・デメリット

ストレートパーマには次のようなメリットとデメリットがあります。

メリット

軽いクセだけでなく、パーマがとれかかっている状態や伸ばしかけの髪をきれいにまっすぐにすることができます。部分的にかけることもできるので、根元はストレートパーマでボリュームを抑えて毛先をカールさせるというアレンジも楽しむことも可能です。縮毛矯正に比べて髪へのダメージが少ないのも嬉しい点と言えるでしょう。

デメリット

ストレートパーマは、クセの強い髪や傷みが激しい人には向いていません。クセの強い人やデジタルパーマなどの強いパーマをかけた人がストレートパーマをかけても、すぐにとれてしまうでしょう。また、痛みが激しいなど髪質によっては完全な直毛にならないケースもあります。

ストレートパーマが髪をまっすぐにする仕組み

ストレートパーマをかけるときには、パーマ液の1剤を髪内部に浸透させて、クセの原因となっているタンパク質の結合を外します。その後、髪の毛をまっすぐに整えてから2剤を使ってタンパク質を再結合して固定します。クセでねじれている状態の髪内部の結合を薬剤によって切断し、ストレートにしてから再結合することでねじれを解消するというわけです。

ストレートパーマと縮毛矯正との違いは?

ストレートパーマも縮毛矯正もどちらも髪をまっすぐに伸ばす技術です。ただし、ストレートパーマはもともとウェーブパーマをとるものなので、髪の強いクセを伸ばす効果はあまり期待できません。一方、縮毛矯正は熱を利用して強いクセでも伸ばすことができるのです。

薬剤と熱を利用して頑固なクセを伸ばすことのできる縮毛矯正のほうが、髪への傷みは大きくなります。料金も高いと考えたほうがよいでしょう。ところが、実際にはストレートパーマと縮毛矯正の基準がヘアサロンによってあいまいになってきています。

詳しくは『ストレートパーマと縮毛矯正の違い』をご覧ください。

ストレートパーマと縮毛矯正、どちらがよい?

とれかかっているパーマや軽いクセをまっすぐに伸ばしたい人は、ストレートパーマで十分でしょう。無駄なダメージを髪に与える必要はありません。ところが、頑固なクセ毛は縮毛矯正でなければきれいにストレートにすること難しいです。

どちらが適しているかを判断するのは、素人には難しいでしょう。美容師に髪質などをチェックしてもらい、ストレートパーマでまっすぐにできる髪なのか、もしくは縮毛矯正をしなければ伸ばせないほど強いクセなのかといった相談をしたほうが確実です。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート