3468名のドクターが参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

縮毛矯正に失敗したときの対策

更新日:2017/03/21

縮毛矯正で失敗したときの対処法や、失敗しないためのポイントをお伝えします。

サロンで受けた縮毛矯正で失敗が起きる原因は?

縮毛矯正を失敗する際には、大きく分けてふたつの原因が考えられます。

サロン側によるミスの可能性

縮毛矯正はプロでも難しいとされている技術です。そのため、サロンでやってもらったとしても失敗する可能性はゼロではありません。ただし、縮毛技術は向上してきているので失敗する確率は低いと考えてよいでしょう。

美容師が失敗する場合には、薬剤を塗布後の放置時間やヘアアイロンの熱し過ぎに問題があるケースがほとんどです。美容師は髪の状態をチェックしながら縮毛矯正を進めますが、髪質を把握しきれずに失敗にいたるケースもあります。毛先がチリチリになる、髪が焦げて切れる、根元のあたりの髪が折れてしまうといったことが起こり得ます。

また、ヘアアイロンのかけ方にムラがあると全体的にきれいなストレートに仕上がりません。

受ける側によるミスの可能性

縮毛矯正を受けた後にすぐとれてしまった、とサロンにミスを訴える人もいます。しかし、施術を受けた当日にシャンプーをしてしまったなど受ける側のミスによるケースも多いので注意してください。

施術後は、薬剤がしっかりと定着するまではシャンプーはもちろん、髪を結わいたりピンでとめたりすることも控えましょう。変なクセがついてしまうおそれがあります。

失敗した際のサロンでの対処

縮毛矯正の失敗に気づいたら、すぐに施術を受けたサロンに伝えましょう。不満に感じる点でも構わないので、その場で伝えるのがベストです。場合によっては、修正できる可能性があります。

施術を受けてから数日たってクセが復活してしまった場合にも、その時点ですぐに連絡しましょう。縮毛矯正のやり直しができなくても、なんらかの修正をしてくれる可能性があります。施術を受けたサロンを信用できない場合には、ほかのサロンで修正してもらうこともできます。

カラーリングとの併用について

髪が傷んでいると施術の効果が落ちる原因となります。カラーリングも髪へのダメージが大きいため、縮毛矯正と同日に行ってはいけません。どうしても同日に行う必要があるときには、ヘアサロンに相談しましょう。仕上がりに影響を及ぼすおそれがありますし、納得できる仕上がりにならない可能性もあります。縮毛矯正とカラーリングの同日の施術はヘアサロン側から断られる可能性が高いと考えてください。

縮毛矯正を失敗しないための心構え

縮毛矯正に関して少しでも疑問や不安に感じるところがあれば、早めにヘアサロンに相談しましょう。また、施術後の状態を長持ちさせるためには、自宅でのケアが重要となります。シャンプーは最低でも24時間はしないほうがよいでしょう。薬剤が定着する前に流してしまうと、クセが復活してしまうおそれがあります。

さらに、シャンプー剤はアミノ酸系や弱酸性を使うことをおすすめします。縮毛矯正の薬剤でアルカリ性に傾いてしまった髪を弱酸性に戻す必要があるからです。

縮毛矯正直後の髪は非常にデリケートな状態です。いつも以上にダメージを受けやすいので、洗浄力の強いシャンプー剤は避けなければなりません。また、摩擦にも注意してください。やさしくシャンプーをした後はタオルドライを丁寧に行ってしっかりと乾かしましょう。

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート