1424名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

アミノ酸系シャンプーは頭皮にもいいの?

更新日:2016/12/09 公開日:2016/07/26

頭皮の乾燥など、頭皮トラブルがある人は、シャンプーを「アミノ酸系シャンプー」に変えてみるのもいいかもしれません。今回は、アミノ酸系シャンプーにどんな特徴があるのかをお話していきます。

低刺激なアミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーとは、洗浄成分にアミノ酸系の界面活性剤を使用したシャンプーのことです。髪や頭皮をはじめ、人の身体の素となるタンパク質はアミノ酸で構成されています。そのため、アミノ酸系シャンプーは、髪や頭皮に刺激が少ないといわれています。

アミノ酸系シャンプーは、頭皮にいい?

一般的なシャンプーは、「高級アルコール系シャンプー」と呼ばれるもので、その多くが、石油由来の合成界面活性剤を洗浄剤として使用しています。このタイプの界面活性剤は、泡立ちがよく、高い洗浄力を持っていますが、頭皮に必要な皮脂まで落としすぎてしまう傾向があります。

それに対して、アミノ酸系シャンプーに含まれるアミノ酸系の界面活性剤は、

  • 洗浄力がマイルドで、必要以上に皮脂を落としすぎない
  • 低刺激性なので、頭皮にやさしい
  • 保湿性があり、乾燥を防ぐ

といった特徴があり、頭皮にやさしいとされています。

アミノ酸系のシャンプーが「乾燥性フケ」の改善にも

頭皮に起こりやすいトラブルの1つに、「フケ」があります。フケには、頭皮の乾燥によって起こる「乾いていて細かくさらさらしたフケ」と、頭皮の過剰な皮脂によって起こる「湿ってかたまり状になったフケ」の2タイプがあり、このうち乾燥性のフケは、洗浄力の強すぎるシャンプーを使っていることが原因になっているケースも珍しくありません。そういった場合に、洗浄力が穏やかなアミノ酸系シャンプーを使うと、頭皮の乾燥が改善し、フケが治まることがあるようです。

また、アミノ酸系シャンプーで、頭皮に負担をかけずにシャンプーをすることは、頭皮を健康な状態にし、元気な髪が生える土壌をつくることにもつながります。

アミノ酸系シャンプーの注意点

ただし、アミノ酸系シャンプーは、洗浄力がさほど強くないので、時間をかけて、ていねいに髪を洗わなくてはなりません。また、強固な汚れは落としにくいので、皮脂の分泌が過剰だったり、整髪料を使っていたりする人は、二度洗いするなど、洗い方に工夫が必要です。さらに、保湿性が高く、髪がしっとりと重くなりがちなので、髪のボリュームをだすようなヘアスタイルには、あまり適していません。

こういったメリット・デメリットを考慮したうえで、使用するかどうかを検討するとよいでしょう。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート