どうやるの?何がわかるの?腸内フローラの検査

更新日:2017/05/16 公開日:2016/08/10

腸内環境・腸内フローラを改善

腸内フローラの状態は、私たちの健康に大きく影響します。腸内フローラのバランス改善を目指すためにも、現状の状態を確認することが重要です。ここでは、腸内フローラの検査の方法をドクター監修の記事で解説します。

ヘルスケア大学参画ドクター

この記事の監修ドクター


ヘルスケア大学参画ドクター

腸内細菌の勢力分布図とも言える腸内フローラの様子を知るには、便やにおい、色などでおおよそを知ることができます。しかし、さらに詳細な菌の種類や善玉菌と悪玉菌のバランスを知る検査があります。実は、腸内フローラの状態を把握することは、美と健康を育む生活習慣を目指したい女性のモチベーションにも繋がるため、検査を受ける方が増えています。

腸内フローラを知る鍵は「便」にある

実は、腸内フローラの状態を詳しく調べる検査は特別な方法ではなく「検便」で調べることができます。便を採取する方法は、健康診断や検診の際に行う検便と方法は変わりませんが、採取した便の分析方法が変わります。従来の検便では、大腸菌や感染症などがないかを調べることが目的でした。しかし、腸内フローラを調べる検査では、腸内にどのような種類の菌が生息しているか、どのようなバランスで生息しているに焦点をあてます。

便から細菌の種類、菌の勢力がわかる

腸内に生息する菌は酸素のある環境では死んでしまうものも多いため、培養を行う検査には適しません。採取した便より細菌のDNAを解析することによって検査を行います。DNAを解析することで細菌の種類を特定することができるほか、菌の勢力がどうなっているのかを知ることができます。

腸内フローラの検査はどこで受ける?

腸内フローラの検査を受ける方法は2つ。病院など検査を行っている医療機関で受ける方法と自宅で採取した便を、分析する機関に送り結果を待つ方法です。

病院などで受ける場合、腸内フローラの検査は自由診療にあてはまるため費用は、病院によりますが20,000円~80,000円ほどと比較的高めになります。メリットとしては、これも病院によって多少の違いは考えられますが、医師による腸内フローラの状態の確認、生活習慣の指導、医薬品の使用など適切な改善を受けることができます。

もうひとつの自宅で便を採取する方法とは、採取した便を郵送して検査を行うサービスです。医療機関に出向く必要がなく、費用も20,000円前後と比較的手軽に行うことができるところが魅力です。しかし、検査結果が簡易的なものであったり、専門家による直接的な指導が受けられないなどがあります。

腸内フローラの検査はこんな人にもおすすめ

腸は人間の免疫機能の70%を担っていると考えられています。免疫に関係する

  • 風邪を引きやすい
  • 花粉症
  • アレルギー症状がある

などの症状のある人は腸内環境を改善することで、その症状を改善できる可能性があります。また、腸内の悪玉菌が優勢になることで肥満を引き起こしやすくなると考えられているので、肥満の対策を行いたい人にもよいでしょう。

便秘に悩んでいる人や便の形状やにおいを改善したい人も調べてみてもよいかもしれません。腸内フローラの検査は継続して行うことで腸内フローラの状態の変遷がデータとして蓄積されます。それにより腸内フローラの中でも善玉菌を増やしていく方法を知ることに役立つでしょう。