腸内フローラを改善する方法

更新日:2017/05/16 公開日:2016/08/10

腸内環境・腸内フローラを改善

腸内にはさまざまな種類の細菌が生息していて、その様子は植物が群生している花畑のように見えるため「腸内フローラ」と呼ばれています。腸内フローラのバランスは人間の健康状態と密接に関係しています。腸内フローラのバランスを改善する方法をドクター監修の記事で解説します。

ヘルスケア大学参画ドクター

この記事の監修ドクター


ヘルスケア大学参画ドクター

腸内には数百種類の菌がびっしりと生息しています。この細菌の生息している状態は人間一人ひとり異なります。腸内フローラがどのような働きをするのか、詳しく見ていきましょう。

腸内フローラの改善は、美と健康の基本!

腸はお腹の調子や消化吸収だけに関わる器官ではありません。免疫やホルモンの分泌、美肌、日々の調子など心身すべてに関わる器官です。腸内にはさまざまな種類の細菌が生息していて、その様子は植物が群生している花畑(英語でflora:フローラ)のように見えるため「腸内フローラ」と呼ばれます。腸内フローラのバランスを改善して美と健康を維持するようにしましょう。

腸内フローラの改善は善玉菌をサポートすること

腸内の菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類に分類されます。このうちの人体に有害な働きをする悪玉菌が優勢になることで心身の健康を損なうことがあります。腸内フローラを改善するためには、善玉菌が働きやすい環境を作ることが重要です。腸内フローラの理想的な状態は細菌のバランスが善玉菌:悪玉菌:日和見菌の順番で2:1:7の比率と考えられています。菌の割合を正確に把握することは難しいですが、食事と生活習慣を見直して、できるだけ腸内フローラを整えることを意識しましょう。

腸内フローラの改善方法 食事編

腸内環境を改善するためには

  • 善玉菌そのものを含む食品を食べること
  • 善玉菌を増やす働きをする成分を摂取すること

この2つが重要です。

くわしくは『食事で腸内環境を改善する方法』でご覧いただけます。

腸内フローラの改善方法 日常編

腸内フローラを改善するためには、ストレスを軽減することが必要です。ストレスは交感神経を刺激して便の排泄を抑制します。便の排泄が滞ることで、悪玉菌や、悪玉菌の作る有害物質(アンモニアや硫化水素)を排出することができなくなり、腸内フローラが悪化します。

ストレスの原因をなるべく少なくし、溜まってしまっているストレスは適宜発散することで、ストレスを軽減するようにしましょう。また、しっかりと睡眠時間を確保する、リラックスして半身浴をするなどといったことで副交感神経を刺激することも重要です。

腸内フローラを整えることで期待できること

腸内フローラを改善することで以下のような効果が期待できます。

美肌効果

腸内細菌は美肌に効果的なビタミンB群を生成する働きをします。

便秘の解消

善玉菌が増えることで乳酸や酢酸などの有機酸が生産され、腸を刺激して排便を促します。

肥満の予防

腸内細菌が生産する脂肪酸がエネルギー代謝に関わる受容体を刺激するため、肥満を予防します。

体臭の改善

体臭の原因となる悪玉菌が生産するアンモニアや硫化水素が減少するために体臭が緩和されます。

免疫力の強化

人体の免疫の7割を担う腸の免疫細胞を腸内細菌が刺激します。

がんのリスク低下

がんの要因となるアンモニアや硫化水素といった有害物質が減少するため、がんのリスクが低下します。

腸だけではなく全身の健康を左右するのが腸内フローラです。

腸内フローラだけではない菌を味方につける暮らし

菌というと汚いものと思われがちですが、人間と菌は共生関係にあります。菌は腸だけではなく口の中や皮膚、頭皮などさまざまなところに存在しています。人間に常在する菌がいるおかげで外部のウイルスや細菌といった異物から身を守ることができているのです。

特に、皮膚に存在する表皮常在菌は外部の異物を排除する免疫機能のほかに、肌のうるおいを保ったりスベスベにしたりする働きがあります。美容と健康を保つためには、菌とうまく共生していくことが必要です。

腸内フローラを改善することで、日々の不調が解消して活動的な生活ができるようになるかもしれません。不調に悩んでいる人はヨーグルトを食べたり、ストレスを減らすなど、腸内環境の改善を目指してみるのとよいでしょう。

今すぐ読みたい