腸内細菌の善玉菌を増やして健康的な身体に

更新日:2017/05/16 公開日:2016/08/10

腸内環境・腸内フローラを改善

腸内で有益な働きをしてくれる善玉菌を増やすことは、健康的な身体を目指す上で必要不可欠です。善玉菌がどのように美容と健康に影響を与えるのか、どのようにしたら善玉菌を増やすことができるかをドクター監修の記事で解説します。

ヘルスケア大学参画ドクター

この記事の監修ドクター


ヘルスケア大学参画ドクター

腸内細菌は、疲労や不調を解消するなどの健康面から、便秘解消や美肌、体臭の軽減など、美容面にも影響を与えます。そこで、美容と健康のために重要な腸内細菌を増やす方法について見ていきましょう。

腸内細菌を制することが、美と健康を制する

腸内環境は美と健康に対して重要な役割を果たします。腸内環境が悪化すると毒素が排出されにくくなり、老廃物が溜まることによって肌荒れを引き起こすからです。このように腸と皮膚には密接な関係があるため、腸内環境が整っていると肌にもよい影響を及ぼすとされています。また、腸内の善玉菌は人間に必須なビタミンを生産する働きがあるため、腸内環境の状態がよいと疲労や不調の解消に効果的だと考えられています。

腸内環境を整えるとは「善玉菌」を増やすこと

腸内環境を整えるには、まず腸内の善玉菌を増やすことが重要です。善玉菌は、乳酸や酢酸といった有機酸を生産し、腸内を酸性にかたむけます。これにより酸性を嫌う悪玉菌の増殖を抑えられるのです。善玉菌を増やすには、発酵食品を食べることや、食物繊維の摂取量を増やすこと、高タンパク高脂質な食事を避けるようにするなどの食生活の改善が必要です。

同時にストレスを少なくし、規則正しく6~8時間程度の睡眠を取るといった自律神経を調整する行動も必要です。

食事で善玉菌を増やす

食事で腸内細菌を増やすためには、乳酸菌やビフィズス菌が含まれる発酵食品を食べること、腸内で善玉菌のエサとなるオリゴ糖や食物繊維を摂取することが重要です。くわしくは『食事で腸内環境を改善する方法』でご覧いただけます。

ストレスを溜めない生活習慣で善玉菌を増やす

人間の身体は、ストレスがかかると自律神経のうちの交感神経が活発になります。交感神経が活発になると排泄が抑制され、便の排出が十分に行われなくなります。そうなると、悪玉菌やアンモニア、硫化水素といった有害物質の排出が滞るため、腸内環境の悪化を招きます。現代社会において、ストレスを完全に排除することは難しいことなので、しっかりとストレスケアを行いましょう。ストレスを軽減させるためには、主に以下のような方法があります。

  • 睡眠をしっかりと取る
  • 休日に軽いスポーツを行う
  • アクティブな趣味を作る

このように、腸内環境を整えるには日々の生活習慣が重要です。腸内環境を良くすることは身体の内外のケアにもつながるため、善玉菌を増やすことを意識して過ごしてみてはいかがでしょうか。

今すぐ読みたい