3468名のドクターが参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

コラーゲンボールって何?

更新日:2016/12/09

コラーゲンボールは見た目のプルプル感もあいまって、「肌もプルプルになるのでは?」と期待を抱く方もいるのではないでしょうか。ここでは、そんなコラーゲンボールについて解説しましょう。

コラーゲンボールとは

コラーゲンボールとは、コラーゲンを豊富に含んでいる食べ物から抽出したコラーゲンを固めてボール状にしたものです。材料は、牛すじや豚骨などの動物性のものから、うなぎやカレイといった魚から抽出したコラーゲンものまで、さまざまな種類があります。

もともとコラーゲンは、加熱することで溶け、冷やすとまた固まるという性質を持っているます。この性質を利用したのがコラーゲンボール。無味無臭で料理の味を損なうことなく、入れたらすぐに溶けるという手軽さから女性向けのお鍋などには人気の食材です。

コラーゲンボールの作り方

コラーゲンボールは商品として市販されているものもたくさんありますが、実は自宅でも手軽に作ることが可能なのです。

必要なものはどこにでも売っているゼラチンで、溶かすお湯の量を調整することがポイント。コラーゲンボールを作るときは、ゼリーを作るときに使うお湯の半分程度を使います。ゼラチンにお湯を混ぜながら溶かしていき、完全に解けたところで容器に移して冷蔵庫で冷やします。

しかも、ゼラチンにはコラーゲンを合成するために必要なプロリンも含まれているのです。プロリンは非必須アミノ酸の一種で、コラーゲンを構成している成分のひとつです。コラーゲンの合成にも必要な成分ですし、壊れてしまったコラーゲンの修復にも役立つといわれています。

ビタミンCや鉄分、亜鉛と一緒に摂取することでより効果的に

コラーゲンボールをとり入れるうえでぜひ押さえていただきたいのは、ビタミンC、鉄分、亜鉛もセットで摂ること。コラーゲンの合成を促進し、吸収率を高める効果があるといわれています。お鍋でしたら、熱を加えてもビタミンCが壊れにくいじゃがいも、鉄分を豊富に含んでいるアサリ、亜鉛が豊富な牡蠣、ホタテ、蟹などの食材がおすすめです。

また、いつでも簡単にコラーゲンを摂取できるように、冷蔵庫でコラーゲンボールをストックしておくのも便利です。味噌汁やラーメンなどにポンッとコラーゲンボールを投入して、継続的な摂取を心がけましょう。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート