スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

目がゴロゴロする、異物感の原因とは?

更新日:2016/12/09 公開日:2016/08/24

目のトラブルの基礎知識

目の症状として、乾燥感やかゆみなどと並んで多い異物感。目にゴミが入っているわけではないのに、ゴロゴロするのはどうしてなのでしょうか。ここでは、ドクター監修のもと、目の異物感の原因について詳しく解説します。

目に感じる軽い痛みや違和感、刺激感を「異物感」と言い、一般的に「目がゴロゴロする」などと表現されます。その名の通り、目にゴミなどの異物が付着することで異物感が生じることもありますが、目の病気が原因となっている場合もあります。ここでは、異物感を引き起こす原因について詳しく解説します。

結膜や角膜の異物が目の神経を刺激する

まぶたの裏側と眼球とをつないでいる薄い膜である結膜や眼球の角膜(黒目の部分)に異物が付着すると、目の表面の知覚神経が刺激を受けるため、目がゴロゴロする異物感が生じます。

眼球の表面や下まぶたの内側にも異物が認められない場合、上まぶたの裏側の結膜に異物が張り付いていることが多く、特に上まぶたの縁から1~2 mmの部分にある「異物溝」に異物が入り込むと、洗眼をしても出てこない場合がほとんどです。結膜に付着する異物には、ごみ、植物、虫、洗顔料に入っているスクラブや抜け落ちたまつげ、コンタクトレンズなど、さまざまなものがあります。コンタクトレンズがまぶたの結膜に付着して出てこなくなってしまうと、レンズが眼球の裏側に入り込んでしまうのではないかと心配になりますが、結膜は袋状になっているため、実際にはそのようなことは起こりません。

角膜に異物が付着した場合、結膜に付着した場合と比べて痛みが強く現れます。付着する異物には、ガラスやプラスチック、植物のとげなどがありますが、特に多いのが鉄片などの金属片です。角膜に付着した鉄片をそのままにしておくと、サビが広がり、角膜ににごりが残ったり炎症が広がったりしてしまうので、早めに眼科を受診し、除去することが大切です。

結膜炎などの病気も異物感の原因になる

結膜や角膜に異物が存在しない場合でも、結膜に炎症が起こったり、角膜に傷が付いたりすると、異物感が生じることがあります。異物感の症状が現れる病気には、以下のようなものがあげられます。

  • 睫毛乱生…まつげが乱れて生え、目の表面を刺激したり傷つけたりする
  • 眼瞼内反症…まぶたが内向きになり、まつげが目の表面に接触する
  • 春季カタル…重症型のアレルギー性結膜炎。目のかゆみをともなう
  • 巨大乳頭結膜炎…体質にあわないコンタクトレンズ使用者に多い結膜炎。目のかゆみをともなう
  • 結膜結石…まぶたの裏側の結膜の下に小さな結石ができる
  • ドライアイ…目の乾燥感や痛み、まぶしさなどの症状をともなう
  • 上輪部角結膜炎…上まぶたの裏側や眼球の結膜に充血をともなう
  • 結膜弛緩症…眼球の結膜が余り、シワのように緩んだ状態になる。高齢者に多く見られる
  • 角膜上皮障害…ドライアイや外傷、コンタクトレンズの不適切な使用などで角膜の組織が壊された状態

むやみに目を触ると異物感が悪化することも

目にゴミやホコリなどの異物が入った場合、水道水で洗い流して除去します。結膜上にあって目で確認できる異物で、水で洗い流せない場合は、清潔な水道水で濡らした綿棒などでそっと取り除いてもよいですが、異物を取ろうと指で目を触ってしまうと、目の表面に傷がつき、かえって充血や異物感がひどくなることもあるので、眼科を受診しましょう。特に角膜上にある場合は自分では触れないで眼科を受診しましょう。

異物が見当たらないにもかかわらず異物感が続く場合は、目に見えない小さな異物が結膜や角膜に付着している可能性や、目の病気が原因となっている可能性が考えられます。放置してしまうと、感染症を引き起こしたりすることもあるので、医療機関で診てもらうことが大切です。

今すぐ読みたい