《第1回》臨床心理士・松島雅美先生の「メンタルビジョントレーニング」

更新日:2016/08/28 公開日:2016/08/22

【連載】メンタルビジョントレーニングで目とココロを鍛えて、日常生活をHappyに♪

What's メンタルビジョン? 〜ヤクルトスワローズの山田哲人選手の指導を行うことが決定し話題になった松島雅美先生の最新メソッドで、「からだ」と「こころ」をコンディションニングしましょう。

【松島雅美先生プロフィール】
臨床心理士/国際メンタルビジョントレーニング協会代表
Je respire株式会社 代表取締役
京都女子大学大学院修了。阪神・淡路大震災の被災者のPTSD・トラウマケアなどに尽力。その後、精神神経科クリニックで、うつ、摂食障害、パニック障害などのケアを、教育機関において、子供の発達、子育て、教育スタッフへの支援などを行う。のべ20,000人のカウンセリングから得た経験と、自ら学んだ眼の機能に関する知識を生かして、日本で初めての「メンタルビジョントレーニング」を構築。これまでプロサッカーチーム、フェンシングのナショナルチームなどにトレーニングメニューを提供。今シーズンのキャンプでヤクルトスワローズの山田哲人選手の指導を行うことが予定され話題に。

 

目がかたいと頭がかたくなる?
集中力の低下、肩こり・腰痛、イライラ
あなたのその悩み、目のトレーニングで改善できるかも!


「athelete club」に属するトップアスリートや、彼らのトレーナーやコンディショニングコーチがさまざまな悩みに答える人気企画、「fem.×スペシャリスト」。ふたり目のスペシャリストは、今話題の美人臨床心理士・松島雅美先生です。先生が考案する「メンタルビジョントレーニング」は、目の機能とメンタルを同時に鍛えるプログラム。毎日5分のトレーニングで、日常生活の苦手や悩みが解決できちゃう。そんな夢のような企画がスタートします。

 

「メンタルビジョントレーニング」は、メンタル=ココロ、ビジョン=目を鍛えて日常のパーフォマンス力をアップさせるトレーニングです。

「大人の場合は大事なプレゼンで、子供の場合は実力を発揮したい試合など緊張する場面で、〝ネガティブなことを考えないようにする〟などとよく言いますが、私は、〝気のもちよう〟だけでは感情そのものは変わらないと思っています。感情をコントロールするのは脳の機能の一つ、そこを鍛えるのが『メンタルビジョントレーニング』におけるメンタルの鍛え方です。。

そして眼の機能では、例えば、野球選手が右打者の場合、左目の使い方がヘタだとうまくボールをとらえることができません。そこで左目も鍛えて〝見る力〟をアップさせれば、バッティングの精度は上がります。

とはいえ、一般人はボールを打つ機会なんてそうありませんよね。

確かにボールを使うことはないのですが、日常生活でも目が上手に使えていないせいで起こるトラブルって結構あるんですよ。例えば利き目ばかりで物を見てしまっていたり、利き目と利き手が逆の場合、姿勢がだんだん悪くなって、結果、肩こりや腰痛になってしまったり、集中力がなくなって勉強が進まなくなってしまったりします。

眼はいろいろな機能と連動しており、きちんとよけているつもりだけどドアの角にぶつかってしまった、文字がまっすぐ書けない、たいしたミスでもないのに相手に対してイラッとしてしまった…なんて、一見、目とは関係ないようなことも、実は視覚機能の低下が原因だったりするのです。

『メンタルビジョントレーニング』は、目のクセや処理能力、メンタルの弱点をチェックして明確にすることで、自分の改善可能なものを把握。それに合ったトレーニングすることで、子供は学習能力を大人は仕事効率をアップさせます。目と脳はダイレクトにつながっていますから、目を鍛えればあたまが柔らかくなり、感情のコントロールや短期記憶(ワーキングメモリー)に関わる脳の前頭前野が刺激されます。前頭前野が活性化すると、やる気が高まってプレッシャーにも強くなり、仕事の判断力や情報処理力が上がります」。

「メンタルビジョントレーニング」の理論がわかったところで、あなたの利き目と視覚機能をチェック! 今すぐできる簡単トレーニングも紹介します。

(取材/文:若松真季 [Instagram] maki_wakamatsu_neroli)

 

《第2回》「メンタルビジョントレーニング」セルフチェック編

 

●撮影協力/穴山未生
プロウインドサーファー。
1985年04月22日生まれ。170cm,52kg。
2015年ウインドサーフィンスラローム女子において二度目の日本一となり、ワールドカップにおいても世界ランキング5位になる。またGPSでのスピード記録で日本女子最高記録64.11キロを保持している。
神奈川を中心として、世界や全国の海に行き活動するプロウインドサーファー。

 

松島雅美が主催するathlete club、「メンタルビジョントレーニング」。
臨床心理士として、日本で初めて、「眼の機能とメンタル機能を同時に鍛えるプログラム」を構築いたしました。「メンタル」に対する誤解を解きたいという想いで起業し、「感情=気持ちの持ちようでは変えられない!」ならば「脳の感情をコントロールする場所を鍛えるべし」、この考えから心理学本来のデータ科学を用いて導きだしたのが、メンタルビジョントレーニングです。

メンタルビジョントレーニングは、これまでにないスクリーニング方法で、一般的な体力測定では行わない「眼の筋力・スピード」、自分ではチェックしにくい「眼のクセ・処理能力・メンタルの弱点」を明確にし、現在の苦手課題にどう影響しているのかを分析しトレーニングしていくものです。

松島先生も参加するスペシャルプログラム(無料)

 

今すぐ読みたい

公式アプリ

fem.
fem.

毎日1つ。ドクター監修の簡単ヘルスケア・ビューティー習慣!