スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

まつげを切るとどうなる?伸びるって本当?

更新日:2016/12/09 公開日:2016/09/21

まつげが伸びるサイクル

まつげは毎日自然に抜けて、一定のサイクルで生え変わっています。このサイクルを毛周期といって、髪の毛や体毛も同じようなサイクルを繰り返しています。まつげのサイクルは体毛のなかでも短く、早いサイクルで30日ほど、遅い方の場合は100日くらいといわれています。そのサイクルは、皮膚のなかでまつげの成長がはじまる成長初期、まつげが太く長く育まれる成長期、まつげの成長が止まる退行期、まつげが抜け落ちて次に生えるための準備をしている休止期と、4段階のステップを繰り返しています。詳しくは、『まつげの毛周期はどのくらい?まつげのメカニズム』をご覧ください。

まつげを切るとどうなるのか

まつげを切ると伸びるという噂を聞きますが、科学的な根拠はありません。まつげを切ったら短くなるだけで、やがて休止期が来ると抜け落ちてしまうだけです。よくいわれている、体毛を剃ると毛が濃くなるという話と同じで、濃くなったり、太くなったりすることはありません。ですから、まつげを伸ばす目的で切るのはやめましょう。

まつげを長くふさふさにするためのポイント

まつげを長く豊かにキープするためにまず取り入れたいのが、まぶたのマッサージです。健康的な髪を育てるために頭皮の血行が大切なのと同じように、健康的なまつげのためにも、血行を整えて栄養を行き渡らせることが重要です。

ホットタオルなどで目元を温めた後、目の周りをやさしくマッサージするのがおすすめです。くれぐれも、力を入れ過ぎてダメージを与えないように注意してください。また、食生活やライフスタイルも大切です。髪に良いといわれている食べ物はまつげにも有効的ですので、毛の主成分ケラチンの材料となるタンパク質や、亜鉛などのミネラルを含む海藻類を摂ることもおすすめです。さらに、成長ホルモンがまつげの育毛にも深く関係しているので、夜ふかしを避けて、睡眠の質を高めるよう心がけていきましょう。日頃からアイメイクによって疲弊しているまつげに、お休みの日を設けることもひとつの方法です。

まつげそのもののケアも大切ですが、まつげ美容液などの効果を高めるためにも、あえてなにもしない日を作ってまつげを休ませてください。詳しくは、『これでふさふさ!まつ毛を劇的に育てる方法5選』をご覧ください。

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー