口腔癌(がん)の治療にはどのようなものがある?

更新日:2016/12/09 公開日:2016/10/27

口腔癌の検査・治療

がん治療は、病巣を摘出すれば済むというものではありません。副作用や治療が与える強い影響を考慮し、それにともなう生活の変化も重要な問題となります。口腔癌(がん)の治療について、ドクター監修の記事でお伝えします。

※医師監修による一般的な情報提供となります。記事内の情報だけで自己判断せず、医療機関での受診の参考としてください。

ごく初期のがんであった場合、抗がん剤の投与や放射線治療だけで消滅させることができれば、食べ物を噛んで飲みこんだり、言葉を発音することも発症前と変わらない水準を維持できるかもしれません。ところが、舌やその他の組織の一部を切除しなければならないということになれば、仕事や生活に影響が出ます。そうなると、治療後の暮らしに多くの問題が生じることが考えられます。口腔内に違和感があれば、すぐに受診するように心がけることが大切です。口腔癌(がん)と診断された場合の治療には、外科手術、化学療法と放射線照射療法があります。それぞれの治療方法について見ていきましょう。

外科手術

病巣部を摘出する方法です。より確実にがんを除去するため、手術前にまずは、抗がん剤による化学療法を行い、可能な限りがんを小さくすることもあります。それから手術となり、病巣部周辺の正常な部分も含めて切り取ります。また、口腔を取り巻く場所にはリンパ節があります。口腔癌の場合、頚部リンパ節から他組織へ転移すると考えられます。そのためリンパ節転移が疑われる場合は、周辺のリンパ節にもメスを入れがんの再発防止につとめます。

舌がんでリンパ節への転移が認められた場合は、あごの下側からメスを入れて病巣を摘出した後、近くのリンパ節周辺の除去を行います。舌や口底組織を広範囲に切除した場合は、食べ物を噛んで食べたり言葉を発したりという動作に支障が出るため、前腕部の筋肉などを切り取り、舌の形に成型した再建術も同時に行うこともあります。

化学療法と放射線照射療法

口腔癌に限らず、がんは全身に現れる病気です。病巣部を取り除いても、微細ながん細胞が血管やリンパ節を経由し、転移することも少なくありません。そこで、抗がん剤を投与し身体の隅々に潜む細胞まで徹底的に死滅させます。これを化学療法と言います。抗がん剤は強い薬なので、吐き気や脱毛など、副作用が出る場合もあります。

同じ目的で、高エネルギーの放射線を当てるのが放射線療法です。この療法も微細ながん細胞をなくすために行います。化学療法と異なるのは、全身ではなく、病巣部周辺に放射線を集中させて、根治療を目的としている点です。放射線照射による副作用の症状はさまざまですが、主に口内炎や口腔乾燥などをともないます。