胸郭出口症候群の症状とは

更新日:2016/12/09

胸郭出口症候群の基礎知識

胸郭出口症候群になると、つり革につかまったり、洗濯物を干したりといった腕をあげる動作で、上肢にしびれや、肩や腕、肩甲骨周辺に痛みが生じます。ここでは、胸郭出口症候群の症状について、ドクター監修の記事で解説します。

胸郭出口症候群は、腕をあげる動作にともなって手や腕などの上肢がしびれたり、肩や腕、肩甲骨周辺が痛むといった症状が出ます。主に、なで肩の女性や、首が太くて筋肉質の男性などに多くみられます。また、重い荷物を持ち運ぶ職業に従事する人にも多発します。ここでは、胸郭出口症候群の特徴的な症状について解説します。

胸郭出口症候群の症状

胸郭出口症候群は、上肢や肩甲骨周辺の神経や、鎖骨付近の血流が圧迫されることで起きます。症状はしびれや痛みなどで、片側だけでなく両側に出るのも特徴です。胸郭出口症候群に生じる具体的な症状についてみていきましょう。

しびれ、痛み

つり革につかまる、洗濯物を干すなどの腕をあげる動作で、手や腕などにしびれや、肩や肩甲骨周辺に痛みが生じます。リュックサックを背負う、重い荷物を持ち上げるなどの動作でも、しびれや痛みが現れます。

感覚障害

手から肩までの小指側に沿うように、疼痛や刺すような痛み、しびれ感、ビリビリ感などの感覚障害が現れます。

運動障害

細かい作業や動作がしにくい、握力が低下するなどの運動麻痺が現れます。握力が低下する場合には、進行すると、手の甲の骨の間がへこんだり、手のひらの小指の下あたりの膨らんだ部分がやせてきたりします。

上肢の色の変化

鎖骨下動脈といわれる鎖骨の下あたりにある動脈が圧迫されると、上肢の血行が悪くなって白っぽくなります。また、静脈血の流れが悪くなることで青紫色になることもあります。

その他

上肢のだるさ、熱感や冷感、頭痛やめまいなどが生じることもあります。

胸郭出口症候群の患者の特徴

胸郭出口症候群の患者は、痩せていて、首が長く、なで肩の女性や、筋肉質で、首が太く、がっしりした男性に多いといった外見的特徴があります。また、重いものを持ち運ぶ職業にも多く見られる病気です。

類似の症状を持つ病気との違い

胸郭出口症候群のしびれの症状は、主に小指側に生じます。胸郭出口症候群と似た症状では、手根管症候群、肘部管症候群(ちゅうぶかんしょうこうぐん)、頚椎症などがあげられますが、それぞれ症状の出る場所と症状が重複するので注意が必要です。

手根管症候群とは

患者の約90%が女性で、50代以上、もしくは閉経後によくみられます。しびれなどの症状は、親指から中指、ときには薬指にかけて生じます。小指に出ることはほとんどありません。症状は夜遅くから明け方にかけて強く現れることが多く、手を振るとしびれが消えます。

肘部管症候群とは

ひじの屈伸をくりかえす仕事に従事する男性、ピアノ、ギター、バイオリンを弾く音楽家やスポーツ選手に多く見られます。ひじの尺骨神経といわれる部分が、圧迫、またはけん引されることで起きます。しびれなどの症状は、小指と薬指から時には肘や二の腕にまで生じます。

頚椎症とは

指だけでなく腕や肩がしびれる、指先に力が入らない、首を前屈、または後屈するとしびれの症状が悪化する場合、脊髄神経が圧迫されて起こる頚椎症が疑われます。頚椎症の症状も、片側だけでなく両側に現れることがあります。

胸郭出口症候群は、しびれや痛みなど、一見別の病気や症候群と勘違いされやすい症状が現れます。自身に胸郭出口症候群の症状が出たら、自己判断せずに必ず病院に行き、医師の診察を受けましょう。そこで症状と原因をしっかり明確にし、適切な治療を受けることが大切です。