胸郭出口症候群の診断方法

更新日:2016/12/09 公開日:2016/09/15

胸郭出口症候群の基礎知識

胸郭出口症候群は、主に上肢のしびれや、肩・腕・肩甲骨周辺に痛みが生じます。この記事では、どのような人が胸郭出口症候群にかかりやすいのか、また、診断方法について、ドクター監修のもと解説します。

胸郭出口症候群では、上肢のしびれや、肩・腕・肩甲骨周辺に痛みが生じたり、握力低下などの運動麻痺が現れたりします。詳しい症状については、『胸郭出口症候群の症状とは』をご覧ください。

この記事では、胸郭出口症候群が発症しやすい人の条件と、診断方法について解説します。

胸郭出口症候群にかかりやすい条件

上肢のしびれや、肩や肩甲骨周辺に痛みがあって、かつ、なで肩の女性や、重い荷物を運搬する職業に従事する労働者、筋肉質の男性であれば、胸郭出口症候群が疑われます。

なで肩の女性

胸郭出口症候群はやせていて、首が長く、なで肩の女性に多く見られます。なで肩の場合、鎖骨付近から肩、腕に掛けて続く血管や神経が、引っ張られたり圧迫されたりしやすい傾向にあるからだといわれています。

重い荷物を運搬する職業

引越し業者や建築土木業者など、重い荷物を持ったり運んだりする職業にも胸郭出口症候群は多く見られます。重い荷物を長時間持つことで、肩や腕が常に下方向に引っ張られた状態となり、筋肉に過度な緊張が続くためです。

筋肉質の男性

がっしりしていて、首が太く、筋肉質の男性も胸郭出口症候群になることがあるといわれています。筋肉量が増すことで、胸郭の出口部分が狭くなり圧迫されることで、神経や血管にも影響が出てしまうためです。

胸郭出口症候群の診断

胸郭出口症候群の診断は、触診や誘発テストなどで行います。ただし診断には、似たような症状が出る頚椎椎間板ヘルニアや頚椎症、肘部管症候群など、ほかの病気ではないことを除外する必要があります。

触診

触診で、鎖骨の上のくぼみの裏側にある骨(第7・第6頸椎)付近に隆起がある場合は、胸郭出口症候群の主原因の1つである「頸肋」の可能性があります。また、腕神経叢部(わんしんけいそうぶ)といわれる首筋付近の神経の集まる部分を押すと、上肢に痛みが走ります。

誘発テスト

・アドソンテスト

しびれや痛みなどの症状がある側に顔を向けて、首をそらします。この状態で深呼吸をすると、鎖骨下動脈といわれる鎖骨付近にある動脈が圧迫されて、手首の脈が触れなくなったり、弱くなったりします。

・ライトテスト

座った体制で、腕を横に大きく伸ばして肩の高さまで上げる、腕を外側に回転させる、ひじを90度に曲げるなどの動作をしたときに、手首の脈が触れなくなるか弱くなります。また、手の血行が悪くなり、白っぽくなります。

・ルーステスト

ライトテストと同じ姿勢で両腕を曲げたまま、3分間両手の指を開いたり閉じたりします。胸郭出口症候群の場合は、途中で指がしびれ、前腕がだるくなって続けることができず腕を降ろしてしまいます。

・エデンテスト

座った状態で胸を張り、両肩を背中側に引くと、手首の脈が触れなくなるか弱くなります。

・モーレイテスト

鎖骨の上のくぼみ付近を指で押し、しびれや痛みがないか確認します。

X線(レントゲン)検査

第7頸椎、または第6頚椎から外側に伸びる頸肋がないかを確認します。また、鎖骨付近を撮影する肋鎖間隙撮影(鎖骨軸写像)によって、鎖骨や第1肋骨が変形し、間隙が狭くなっていないかを確認します。

胸郭出口症候群だと診断された場合、重症度や発症した部位に応じた治療を行うことになります。詳しい治療法については、『神経圧迫や血流障害を緩和する、胸郭出口症候群の治療法』をご覧ください。