スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

機能性ディスペプシアに起こりやすい症状

更新日:2016/12/09 公開日:2016/10/24

機能性ディスペプシアの基礎知識

機能性ディスペプシアでは、みぞおちの痛みや胃もたれという症状が慢性的に続くのに、内視鏡検査で物理的な異常を見つけることができません。ここでは、機能性ディスペプシアの詳しい症状について、ドクター監修の記事で解説します。

機能性ディスペプシア(機能性胃腸症)は、食後のもたれ感、早期飽満感、みぞおちが痛む心窩部痛(しんかぶつう)、みぞおちが焼けるように熱くなる心窩部灼熱感(しんかぶしゃくねつかん)といった症状が現れます。また、機能性ディスペプシアでは、内視鏡検査をしても、がんや潰瘍などの物理的な異常を確認することができません。ここでは、機能性ディスペプシアの症状について、詳しくみていきましょう。

機能性ディスペプシアの原因

機能性ディスペプシアのはっきりとした原因を突き止めるのは難しいとされていますが、以下の3つが、発症の要因に大きく関わっているのではないかといわれています。

  • 消化管の運動機能異常
  • 内臓知覚過敏
  • ストレス

詳しくは、こちらをご覧ください。

『機能性ディスペプシアは主に何が原因?ストレスのせい?』

機能性ディスペプシアの症状は主に4つ

機能性ディスペプシアに多い症状は、食後のもたれ感、早期飽満感、みぞおちの痛み(心窩部痛/しんかぶつう)、みぞおちの灼熱感(心窩部灼熱感/しんかぶしゃくねつかん)の4つがあげられます。

食後のもたれ感

普通の量の食事を摂った後の不快感のことです。大量に食べたわけではないにもかかわらず、食べ物が胃の中にいつまでも停滞しているように感じます。

早期飽満感

食事に少し手をつけただけですぐに満腹感を覚えてしまい、これ以上は食べられないと感じます。

みぞおちが痛む心窩部痛(しんかぶつう)

みぞおちのあたりに痛みが起こります。カッと熱くなるような感じをともなう場合と、ともなわない場合があります。

みぞおちが焼けるように熱くなる心窩部灼熱感(しんかぶしゃくねつかん)

みぞおちのあたりに、熱感をともなった不快感を覚えます。

臨床研究では、この4つの症状のうち、1つ以上の症状を6か月以上前に発症し、その症状が3か月以上続いている状態を機能性ディスペプシアとしています。

胃の不調を訴えて医療機関で受診した人の約9割が、胃カメラを使ってもがんやポリープといった物理的な異常が見つからなかった、という報告があります。現在では、機能性ディスペプシアが主に胃の働きに問題があって発症するということもわかっており、過敏性腸症候群(IBS)とともに機能性消化管障害に属する代表的な病気とされています。

機能性ディスペプシアは大きく分けて2タイプ

機能性ディスペプシアは、主に現れる症状によって2つに分けられます。PDSと呼ばれる食後愁訴症候群(しょくごしゅうそしょうこうぐん)と、EPSと呼ばれる心窩部痛症候群(しんかぶつうしょうこうぐん)です。

PDS(食後愁訴症候群)

食後のもたれ感や、少量の食事を食べた段階で満腹になってしまう早期飽満感が、週に数回以上起こります。

EPS(心窩部痛症候群)

みぞおちが痛む、みぞおちが焼けるように熱くなるといった症状が起こりやすくなります。PDS(食後愁訴症候群)と異なり、空腹時に起こることもあります。

機能性ディスペプシアの診断

上記のような症状に心あたりがある場合は、早めに医療機関で診察を受けましょう。機能性ディスペプシアの診断は、問診や身体診察、内視鏡検査や腹部超音波検査などを行い、他の病気の可能性を除外しながら進める必要があります。

詳しくは、こちらをご覧ください。

『症状が慢性的なら機能性ディスペプシア?総合的な診断が必要』

機能性ディスペプシアの治療法

機能性ディスペプシアは、がんやポリープといった物理的な異常が発見できず、また、病態もさまざまです。そのため、手術を行って原因を取り除くといったような治療ができません。機能性ディスペプシアの主な治療法としては、

  • 薬物療法
  • 生活指導
  • 食事療法

の3つがあります。

詳しくは、こちらをご覧ください。

『機能性ディスペプシアに有効な治療方法とは?』

今すぐ読みたい