太りたい場合、プロテインは有効?

更新日:2016/12/09 公開日:2016/09/14

プロテインの基礎知識

プロテインは、筋力アップやダイエット目的で利用されるのが一般的ですが、太りたい場合はどうなのでしょうか。太りたい場合、プロテインは有効なのかについて、ドクター監修の記事にて詳しくお伝えします。

タンパク質を効率よく摂取できるサプリメントであるプロテインには、太る作用があるのでしょうか。太りたい方にとってプロテインは有効なのか、太るためにはどのように活用したらいいのかについて、以下で解説します。

プロテインは太るのか

プロテインは一般的に、高タンパク・低カロリーに仕上げられている商品が多く、間違ったとり方をしなければ太ることはありません。しかし、今まで通りの食事と間食をし、特に運動も行わない状態でプロテインを追加摂取すれば、カロリーオーバーとなって太ることもあります。

そのため、太りたくないという場合は、食事や間食における糖質の量を減らしたり、運動をとり入れたりしながら、1日の摂取カロリーが増えてしまわないよう工夫することが大切です。

太るためにプロテインをとり入れるのは有効です

一方、太りたい方の場合は、食事量を減らさずにプロテインを摂取することが大切です。

タンパク質を摂取することにより、筋肉を増強して体を大きくする効果(同化)がありますが、いくらがんばってプロテインを飲みタンパク質の摂取量を増やしても、1日に摂取する全体の食事量(カロリー)が減ってしまったのでは逆効果になってしまいます。カロリーが少なくなるとタンパク質を分解して不足分を補おうとするので、結果的に筋肉がつかなくなってしまうからです。

1日の食事量を落とさずに肉・豆類などタンパク質の多い食品を積極的にとったうえで、プロテインを摂取して足りないタンパク質を補いましょう。

プロテインのなかには、タンパク質は少なめで、その分、糖質が多く含まれている商品もあります。これは、太りたい方にとって体重アップの効果は期待できますが、筋肉を増強する効果は低くなります。

きれいに太るために筋トレを活用する

ただし、プロテインだけ摂取して運動はしないということになると、脂肪たっぷりのぷよぷよとした体になりかねません。筋肉を増やしながら体を大きくすることが、美しく太るためのポイントです。そのためには、腕立てやスクワットなど手軽にできる軽い負荷のトレーニングでもよいので、筋トレを取り入れながらプロテインを摂取することが大切になります。

筋肉は、負荷をかけて鍛えるといったん破壊され、これが修復される際により強い筋肉へと回復することで少しずつ増えていきます。この回復には2~3日かかり、その間は筋肉を休める必要があるため、少なくても2~3日置きに筋トレを行い、プロテインを毎日摂取することで、少しずつ筋肉が増えて、体が大きくなっていくことが期待できます。

必要な各栄養素をきちんと摂取した上で、プロテインの摂取、さらに適度な筋トレを続けることで、じっくりと時間をかけて理想の体型を目指しましょう。

今すぐ読みたい