栄養失調になる食生活とは?

更新日:2016/12/09 公開日:2016/10/24

栄養失調の基礎知識

栄養失調は、エネルギーや必要栄養素の不足によって起こります。その原因は食生活にありますが、偏った食事をしていなくても、不調が起きることも。栄養失調の食事面での注意点をドクター監修のもと解説します。

栄養失調とは、発展途上国に多く見られるようにカロリーや全般的に栄養素が足りていない状態のことを指しますが、一部の栄養素が不足しているだけでも、体に不調をきたすことがあります。その状態を新型栄養失調と呼びます。近年日本でも増加しているこの新型栄養失調の原因は、食生活にあるといわれています。

新型栄養失調の原因

たとえば過剰なダイエットや偏食は栄養不足の原因となりますが、自分は1日3食バランスよくしっかり食べているから問題ないだろうと考えている人も注意が必要です。実は普通に生活を送っている人でも、1つか2つの栄養素が不足している状態であることも多いようです。バランスよい食事を心がけていても、サプリメントで栄養補給をするなど、よほど栄養面に気をつけていないと、すべての必要栄養素を摂ることは難しいのです。

新型栄養失調について詳しくは「近年増加している新型栄養失調とは何?」をご覧ください。

新型栄養失調の症状

新型栄養失調は、不足する栄養素によって体に起こる不調が異なります。代表的なものでは、鉄不足ならのどの違和感、亜鉛不足なら爪が弱くなる、マグネシウム不足なら肩こりが続く、ビタミンB不足なら疲労感がぬけにくいなどの症状があります。なお、肉類を敬遠しがちな高齢者はタンパク質不足による栄養失調になりやすいと言えます。新型栄養失調は自覚するのが難しいですが、これらの症状が出た場合は、原因のひとつとして栄養不足が考えられることを、頭に入れておくとよいでしょう。

新型栄養失調の症状について詳しくは「栄養失調になるとどのような症状が出る?」をご覧ください。

栄養不足を予防するために

バランスよい食事で満遍なく栄養を摂ることが必要ですが、前述したように、すべての必要栄養素を食事だけでもれなく摂取することは難しいと言えます。厚生労働省などが推奨する各栄養素の基準値もありますが、それがすべての人に当てはまるわけではありません。また、栄養素の不足は、一般的な保険診療での採血検査ではわかりにくいこともあり、より専門的な検査で細胞内外の栄養素を見る必要が出てくることもあります。よって、気になるようであれば、栄養について扱っているクリニックでの検査や、食事内容や方法について指導を受けることをおすすめします。

今すぐ読みたい