腰椎変性すべり症の診断について

更新日:2016/12/09 公開日:2016/10/24

腰椎変性すべり症の診断と検査

腰椎変性すべり症は、腰痛や下肢(かし)の痛み・しびれなどの症状が出てくる病気です。腰椎変性すべり症になったら、どのような診断を受けるのでしょうか。腰椎変性すべり症の診断について、ドクター監修の記事で詳しく解説します。

腰椎変性すべり症は、40歳以上の女性に多くみられる病気です。腰椎変性すべり症という病気について、診断方法を中心に説明していきます。

腰椎変性すべり症とは

腰椎変性すべり症は、脊椎の一部である腰椎が、椎間板の変性などが原因となってずれることによって発症します。主な症状として、腰痛や下肢(かし)の痛み・しびれが現れます。また、間欠跛行(かんけつはこう)といった症状も現れることがあります。間欠跛行とは、少し歩くと痛みのために歩き続けることができなくなるが、座るなどして休息すると再び歩けるようになる、といった症状です。

腰椎変性すべり症の診断について

腰椎変性すべり症は、椎間板の変性などが原因で腰椎がずれることで発症します。人間の腰椎は5つありますが、中でも特に第4腰椎ですべりが起きることが多いことが知られています。そのため、X線(レントゲン)検査やMRI検査などの画像診断によって、腰椎変性すべり症かどうかを診断します。

X線(レントゲン)検査

腰椎のずれについては、X線検査で診断することができます。一般的には、身体の正面と側面からのX線検査を行います。前かがみ(前屈)になったときに痛みなどの症状が現れるという人もいるため、腰椎を前後に曲げた状態で撮影することによってはっきりと診断できる場合もあります。

MRI検査

腰椎変性すべり症を発症すると、腰椎のずれによって脊柱管(せきちゅうかん)が狭くなり、神経を圧迫することがあります。また、一つの椎間板の変性が周りの椎間板にも影響を及ぼすことで、すべり症の部分以外でも狭窄(狭くなること)が起こり得ます。MRI検査を行うなら、神経の圧迫の度合いや圧迫されている部位を正確に把握できますので、より詳しい診断が可能になります。

脊髄造影(せきずいぞうえい)検査、CT検査

MRI検査は寝ている状態で行われるため、患者が動いている時の状態を調べるために、入院して脊髄造影検査やCT検査が行われる場合もあります。

腰椎変性すべり症の検査の必要性

椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症などの脊椎疾患や、閉塞(へいそく)性動脈硬化症なども下肢の痛みやしびれ、歩行障害といった症状が出ることがあります。これらの腰椎変性すべり症の症状と似ている他の病気ときちんと鑑別するためにも、X線検査やMRI検査などの画像診断は欠かせないものとなります。

どんな病気でも言えることですが、より適切な治療を行っていくためには正確に診断することが重要になります。もし、腰椎変性すべり症の疑いがあると思われているなら、自己判断で処置したりせず、医療機関を受診して症状や原因に適した検査・治療を受けましょう。

公式アプリ

fem.
fem.

毎日1つ。ドクター監修の簡単ヘルスケア・ビューティー習慣!