【ためしてガッテンで話題】頑固な便秘の改善には、「ガス抜き」が重要!

更新日:2016/09/21 公開日:2016/09/21

話題の情報

2016年9月14日放送の『ためしてガッテン』で、便秘改善の新対策が放送され、話題になりました。その体操の仕方と、それ以外にも気軽にできる便秘対策、さらに便秘の原因や解消法などについてご紹介します。

『ためしてガッテン』で話題の便秘の新対策とは?

2016年9月14日(水)放送の『ためしてガッテン』で、便秘改善の新対策として、就寝前の「うつ伏せゴロゴロ寝運動」が放送されていました。ある大学病院では、8割の人に効果があったそうです。

便秘改善のポイントは、「イキイキと動く大腸を取り戻す」こと!

実は健康な大腸には、便を通常の200倍のスピードで動かす「大ぜん動」という働きがあり、これがスムーズなお通じのカギとなっています。

この運動をすることで、大腸に溜まったガスを追い出すことができ、ガスのために動きがにぶくなっていた大腸が活発に動かすことができるとのこと。便秘を根本から改善できるかもしれないというものです。

以下は、ためしてガッテンで紹介されていた方法です。

1.夜寝る前にうつぶせの状態になり、10分間動かずにじっとします。
2.この時おへそのあたりに枕やクッションなどを敷くとより効果が高いです。
3.10分経ったら、体を左右に転がすように傾ける動きを5往復行います。

夜寝る前のちょっとした習慣で、便秘知らずの健康な体を手に入れることができるかもしれませんね。

ヘルスケア大学でも紹介!「ガス抜き体操」に挑戦しよう

医師が監修している「ヘルスケア大学」の記事でも、大腸に溜まったガスを追い出す運動が紹介されています。その名も「ガス抜き体操」!

1.仰向けになり、手の甲を反対の手の親指と人差し指と中指の3本ではさむ
2.左右交互に2分程度もむ
3.うつ伏せになる
4.ひざの下に枕やクッションなどを敷く
5.水泳のバタ足の要領で両足をバタバタと動かす(5分程度)

ためしてガッテンの方法とは少々異なるので、どちらもやってみて効果のあるほうを実践してみるとよいかもしれません。

また、上記のガス抜き体操のほかにも、便秘に効くピラティスや腹筋で腸を刺戟する体操など、さまざまな体操を紹介しています。

まだまだある!"お腹スッキリ体操"まとめ

そもそも便秘とは?

そもそも便秘とは、大腸に排泄物が溜まっているのにもかかわらず、なんらかの体の不調が原因で正常な排泄が行われない状態のことを指します。便が大腸内に溜まっている状態が続くことで悪玉菌が増加し、発がん物質や発がん促進物質、活性酸素などの有害物質が大量に発生。その有害物質が体に悪さをしてしまうのです。

厚生労働省の人口動態調査によると、平成15年以降の女性の死因のトップは大腸がんです。この大腸がんの大きな原因の一つが便秘だといわれています。「たかが便秘」と放置すると大病に繋がる可能性がありますので、改善するべく努力しましょう。

 

頑固な便秘も解消できる「基本の3カ条」とは

日々の積み重ねで頑固な便秘にサヨナラ!

体質のせいだと諦めて放置しておくと、体内に溜まった便が体全体に悪さをしてしまう、便秘。まずは日々の生活を改善したり、朝や夜に簡単にできる体操を取り入れたりと、できることから習慣づけてみましょう。「1週間以上お通じがない」「どんなことをしても便秘が解消しない」など、深刻な場合は、一度医師に相談をしてみるのもおすすめです。

<引用番組>
『ためしてガッテン』

公式アプリ

fem.
fem.

毎日1つ。ドクター監修の簡単ヘルスケア・ビューティー習慣!