ココアやチョコレートのカフェイン含有量はどれくらい?

更新日:2016/12/09 公開日:2016/11/17

カフェインの基礎知識

女性や子供に好まれることが多いココアやチョコレート。カフェインが含まれているという話を聞いて不安を感じていませんか。身体への影響や摂り方について、ドクター監修の記事で詳しく解説します。

コーヒーや紅茶ほどカフェインが多くなく、身体にやさしい飲み物と考えられているココア。しかし、ココアにもカフェインに似た物質が含まれています。ココアやチョコレートのカフェイン量について見てみましょう。

カフェイン摂取量の目安

健康な成人では1回の摂取につきカフェイン200mg(約3mg/kg体重)以下、1日あたりでは400mg(約5.7mg/kg 体重/日)以下では、安全上の懸念はないとされています(2015年に公表された欧州食品安全機関(EFSA)のカフェインの安全性に関する科学的意見書より)。カップ1杯(200mL)でのカフェイン含有量は、コーヒーでは約120mg、紅茶では約60mg、ほうじ茶では約40mg、玄米茶では約20mgです。栄養ドリンクや目覚め効果をうたったドリンクには、1缶あたり約30~180mgのカフェインが含まれています。

ココアと他の飲み物のカフェイン含有量の比較

カカオ豆を微粉末にした『ピュア(純)ココア』には、わずかな量ですがカフェインが含まれています。他の飲み物と比較してみると、ピュアココアのカフェイン含有量は8mgであるのに対し、コーヒーは60mg、紅茶は30mg、煎茶は20mgと、かなり少ないことがわかります。

[すべて100mL中のカフェイン量。ピュアココアは4g使用、コーヒー・紅茶・煎茶は浸出液、日本食品標準成分表2015年版(七訂)より]

ココアのカフェイン含有量については、さまざまな見解がありますが、いずれも微量で問題がないということでは一致しています。

妊婦・授乳中の女性、子供はココアを飲んでもいいのか

ココアにはカフェインは微量しか含まれていないため、カフェインによる影響はほとんどないと考えられます。しかし、注意すべきことは、カフェインではなく、コーヒーや紅茶、緑茶などには含まれていないテオブロミンという成分がココアに含まれていることです。テオブロミンは、ココアやチョコレートの原材料となるカカオに含まれている有機化合物の一種で、苦味成分でもあります。テオブロミンは自律神経を調節する働きがあるため、リラックス効果をもたらします。その一方で、中枢刺激作用があり、気管支拡張や利尿作用も誘発させます。これらはカフェインと働きが似ていますが、利尿作用を除いては、カフェインよりも弱い作用だと考えられています。このようなことから、ココアを飲むと、カフェインよりもテオブロミンの影響が懸念されます。妊婦・授乳中の女性や子供は、多く飲むことは控えた方が望ましいでしょう。普段から夕方以降に飲みたいときは、牛乳を多めにして飲むなど工夫して楽しんでください。

チョコレートのカフェイン含有量、テオブロミンの含有量

カフェイン含有量の多いコーヒーやお茶と比べて、チョコレートにはカフェインがごくわずかしか含まれていません。チョコレートと同じく、カカオ豆を原材料とするココアと比べても、さらに少ない含有量です。そのため、カフェインによる興奮作用や利尿作用はほとんどないと考えられます。ただし、ここでも問題となるのが、ココアにも含まれているテオブロミンです。チョコレートは、ココアよりもテオブロミン含有量が高いため、子供が食べ過ぎると中枢刺激作用が出て、普段よりもはしゃぐようなことが起こります。

チョコレートとココアのカフェインとテオブロミン含有量を比べてみましょう。

ブラックチョコレート(1オンス=28g):カフェイン5~35mg、テオブロミン150~300mg

ミルクチョコレート(1オンス=28g):カフェイン1~15mg、テオブロミン75~150mg

ピュアココア(5オンス=約150mL):カフェイン2~20mg、テオブロミン75~150mg

ミルクココア(5オンス=約150mL):カフェイン1~15mg、テオブロミン50~100mg

(注)チョコレート28gは、通常の板チョコの半分程度の量にあたります。

概括的に考えると、チョコレートやココアは大量のテオブロミンと少量のカフェインを含み、チョコレートの方がさらにテオブロミンの強い作用を持つと考えられます。

高カカオチョコレートは食べ過ぎに注意

最近、高カカオをうたったチョコレートが各社から発売されて人気です。チョコレートのカカオ分は通常30~40%ですが、高カカオチョコレートは70%以上とカカオの含有量が多くなっています。国民生活センターによると、高カカオチョコレートには、脂質が多く含まれているとともに、気管支拡張や利尿、興奮などの生理作用があるテオブロミンは580~1100mg/100g、カフェインは68~120mg/100gと、普通のチョコレートの4倍くらい多く含むものもあるとのことです。特に妊婦・授乳中の女性や子供は、摂り過ぎに注意してください。

今すぐ読みたい