急な運動で足に痛みが!シンスプリントとは

更新日:2016/12/09 公開日:2016/11/16

シンスプリントの基礎知識

運動で脛に痛みを感じたら、それはシンスプリントかもしれません。最初は軽い痛みでも、症状が悪化し日常生活にも支障をきたす可能性があります。シンスプリントの症状や原因、治療法についてドクター監修のもと解説します。

シンスプリントとは

運動不足解消のためランニングを始めたとき、高校の部活で新しいメニューを始めたときなどに、脛(すね)に痛みを感じた場合、それはシンスプリントかもしれません。シンスプリントとは、筋肉を過剰に使用したことにより、骨膜が炎症を引き起こすことです。ランナーやバレリーナなどによく発生するケガとして知られています。シンスプリントは別名「脛骨過労性骨膜炎(けいこつかろうせいこつまくえん)」ともいい、脛の内側の筋肉に生じる痛みのことを指します。症状が重くなれば運動を完全に休止しなければならず、症状が軽いからといって軽視してはいけないケガです。

脛が痛むシンスプリントの症状

シンスプリントの症状は、走る動作やくり返しジャンプする動作などを行うことで、脛の内側あたりに痛みが出ることで始まります。脛の内側や脛の下の方を中心に痛みが出るのが一般的ですが、身体のバランスなどによって痛みが出る部分が大きく変わってきます。最初のうちは、運動中もしくは運動後のみ痛みを感じますが、症状が悪化すると日常生活の中で足を動かしただけで痛みを感じるようになります。さらに悪化すると、静止状態でも痛みを感じるようになり、このような状態になると完治まではかなりの時間がかかるようです。

詳しくは、『足の痛みを放置しても大丈夫?シンスプリントの症状と改善法』をご覧ください。

シンスプリントの原因は運動のし過ぎ

シンスプリントの原因は筋肉を使いすぎるオーバーユースによるもので、要するに運動のし過ぎです。ただし、同じ運動をしても発生する人としない人がいます。これまであまりしてこなかったような動作を始めると発生しやすくなります。

詳しくは、『急に運動すると足が痛くなる?シンスプリントの原因と治療法』をご覧ください。

シンスプリントの治療法

シンスプリントの治療は、痛みの強さによって対応が変わってきます。運動をしたあとに軽い痛みがあるだけの場合、運動する前にしっかりとストレッチやウォーミングアップを行い、運動した後には患部を冷し過度な運動は避け軽い運動に変えることを心がけます。痛みが激しい場合は、薬局または整形外科外来で消炎鎮痛剤を購入または処方を受けて内服し、運動を休止します。湿布や塗り薬も処方されます。根本的な治療には、適度な運動と適度な休息、靴を変えるなど環境の見直しが重要になります。

詳しくは、『スポーツしながら完治できる?シンスプリントの治療・改善法』をご覧ください。