急に運動すると足が痛くなる?シンスプリントの原因と治療法

更新日:2016/12/09

シンスプリントの基礎知識

シンスプリントと診断されたら、適切な治療法を選択する必要があります。そのためには原因を突き止めておくことが必要不可欠です。シンスプリントの原因や治療法をドクター監修のもと解説します。

シンスプリントの原因

シンスプリントの原因は、過剰な運動による筋肉の使い過ぎです。多くの場合、日ごろの運動不足を感じてランニングを始めた、日ごろ行っている運動に新しいメニューが加わったといったように、運動量・内容に変化があった際に発生します。シンスプリントが発生しやすい条件には以下のようなものがあり、条件が揃うとシンスプリントが発生しやすくなるといえます。

  • 過剰な運動量
  • ストレッチ不足
  • 扁平足や回内足、O脚といった身体的特徴
  • 足に合わない靴
  • 固い地面でのランニング

シンスプリントを起こすメカニズム

走る、ジャンプするなどの動作をした際、着地したときの衝撃や筋肉の収縮力で足の骨や関節がわずかに変形し衝撃を吸収します。その筋肉の収縮する力が、骨の表面を覆っている骨膜などを引っ張ります。運動により筋肉が伸びたり縮んだりをくり返し、同様に骨膜も何度も引っ張られることで炎症が起こり、痛みが生じるようになります。

シンスプリントの主な症状

脛の内側の筋肉に痛みが生じるのがシンスプリントの症状です。シンスプリントは脛骨過労性骨膜炎(けいこつかろうせいこつまくえん)とも呼ばれ、痛みが生じる箇所は脛骨周辺に限られます。軽度なら、運動中や運動後などに、脛の内側の筋肉に鈍い痛みを感じる程度ですが、重度になると、運動をしている間ずっと激しい痛みを感じるようになり、最終的には日常生活にまで影響を与えるほどの痛みになる場合もあります。

詳しくは、『足の痛みを放置しても大丈夫?シンスプリントの症状と改善法』をご覧ください。

シンスプリントの検査、治療法

シンスプリントの検査

シンスプリントの診断には、問診と触診が行われます。MRIを使用したり、設備が豊富に整っている医療機関では骨シンチグラフィーが使用されます。

シンスプリントの治療法

シンスプリントの治療法には、休息やストレッチ、内服薬や外用薬の使用など、重症度によって適切な方法を選択します。シンスプリントの完治を目指すには、痛みが改善してもストレッチなどを続けることが重要です。また、その運動が自分には激し過ぎないかを見極め、靴などを含めた運動環境全体の見直しを行うようにしましょう。

詳しくは、『スポーツしながら完治できる?シンスプリントの治療・改善法』をご覧ください。