-10歳も夢じゃない!シミや薄毛も予防できる「毛細血管」改善プロジェクト

更新日:2016/11/09 公開日:2016/11/09

話題の情報

シワやシミ、薄毛など、見た目の”老け”に「毛細血管」の働きが少なからず影響を与えていることが発覚し、注目となっています。血行不良はアンチエイジングの大敵。「毛細血管」を健やかに保つための方法をご紹介します。

年齢を重ねたら、シミやシワ、薄毛が目立つのは仕方ないと思ってはいませんか?先にあげた目に見える老化現象には、「毛細血管」が大きく関わっていることが明らかになり、注目を集めています。肌の老化や不調を「毛細血管」から改善する方法をご紹介しましょう。

肌老化は毛細血管の弱りが原因

美肌にとって血行不良は大敵。顔色が優れない、顔全体が疲れた印象になったり、くすんで見えるなどの肌の不調は、顔の真皮内にある毛細血管の滞りによる血行不良が原因だと考えられます。

毛細血管が弱って肌内部の血流が滞ると、新陳代謝が悪くなり、肌のターンオーバーが遅くなっていきます。どんなに優れたコスメを使っても、細胞に栄養が行き届かなければ効果を発揮することは困難。次第に肌はハリや艶を失っていくでしょう。

ストレスが影響!血行不良のメカニズム

毛細血管が弱ることで起こる血行不良は、疲労やストレス、寝不足、冷え、そして喫煙や栄養不良等によって引き起こされます。これらは血管を収縮させる交感神経を優位にさせてしまうのです。リラックスすることを心がけ、深呼吸をして交感神経と副交感神経のバランスを取り、血行不良にならないように心がけましょう。

血行不良は全身へ “老け”が加速する

血行不良は、肌だけでなく肩こりなど、全身のこりが血行の悪化によって引き起こされる他、冷えの原因になる可能性も大。また、肌の乾燥を悪化させ、老廃物の排出がうまくいかないことでむくみやセルライトが増加し、体型の変化へも大きく影響を与えるでしょう。

さらに、髪の毛先へも栄養が行き渡らないため、枝毛や薄毛など、髪の毛のトラブルも生まれやすくなります。

すぐデキる!毛細血管を強化する習慣

滞ってしまった毛細血管を強くするには、日ごろの生活習慣を見直す必要があります。すぐにできるものとしては、お風呂で体を温めたり、運動を行って全身の血行を促進させるのがおすすめです。

また、ビタミンEや鉄分も血行を促進させる効果があるため、食事から積極的に摂ることも有効です。健康的な食生活と適度な運動、規則正しい生活を心がけ、毛細血管から若返りましょう!

<参考>

主治医が見つかる診療所

公式アプリ

fem.
fem.

毎日1つ。ドクター監修の簡単ヘルスケア・ビューティー習慣!