手軽でおいしい!バナナについて

更新日:2016/12/27 公開日:2016/12/27

バナナの基礎知識

1年を通して入手しやすく低価格で腹持ちもよいバナナは、多くの人に愛されている果物の1つです。ここでは、ドクター監修の記事で、栄養素や健康によいとされる理由など、バナナが持つ魅力をご紹介します。

ダイエットや体調維持のために、バナナを積極的に摂取しているという人は多いことかと思います。バナナにはどういった栄養素が含まれ、どのような効果をもたらしてくれるのでしょうか。

ビタミンB、カリウムをはじめ、必須な栄養素が盛りだくさん

バナナに含まれる主な栄養素はビタミンB群とカリウムです。ビタミンB群の中でも、ビタミンB1、B2、B6が豊富に含まれていますが、これらは全身の代謝を活性化させる効果があります。カリウムについては、体内に溜まる過剰な水分や塩分(ナトリウム)の排出を促す効果があります。みかんなどの柑橘系の果物、アボカドなどにも含まれていますが、代表的な果物の中では、バナナがもっとも含有量が高いです。他にも、マグネシウム、食物繊維、ポリフェノールなども含まれていて、美容やダイエットのためだけでなく、体力の回復や発育の補助にもよいとされる栄養素がたくさん含まれています。バナナの栄養素について、詳しくは『ビタミン・ミネラルが豊富!バナナに含まれる栄養素について』をご覧ください。

バナナが美容、健康によい理由とは

これら上記の栄養素には、どのような効果があるのでしょうか。美容の面では、食物繊維が多く含まれているため、便秘予防の効果が期待できます。全身の代謝を活性化させるビタミンB類によって、肌や髪、爪などの細胞の再生が促されるため、健康的で美しく見られたい女性にとっては必須の栄養素といえそうです。カリウムは、体内の塩分や水分の排出を促す効果があるため、全身のむくみ予防、高血圧の予防にも効果が期待できます。また、バナナには糖分が豊富に含まれています。バナナが持つブドウ糖などは単糖と呼ばれるもので、摂取後、スムーズに脳へと糖分を運び、脳へのエネルギー源を補給させる性質を持ちます。そのため、脳の活性化や疲労回復に役立ち、特に起床後や激しい運動の前などに摂取するとより効果的です。バナナの効果について、詳しくは『日常生活を随所でサポート!バナナがもたらす効果とは?』をご覧ください。

すでに1日の食事やおやつ、デザートにバナナを取り入れている人は多くいるでしょうが、そのまま食べるだけでなく、他の食材と合わせるなど、アレンジしやすいのもバナナの魅力の1つでしょう。最近では、冷凍庫でバナナを凍らせる保存法も注目を集めています。バナナの冷凍保存について、詳しくは『冷凍でポリフェノールが増える?バナナの賢い保存方法』をご覧ください。

バナナを食べるうえでの注意点

健康や美容に効果が期待できるバナナですが、食べ過ぎは禁物です。バナナは炭水化物と比べて低カロリーのため、主食の代わりに摂取するのは効果的かもしれませんが、果物の中では高カロリーの部類に入ります。カロリー、糖分の過剰摂取には注意しましょう。また、腎機能に障害のある人のバナナの摂取は大変危険です。摂取したカリウムが尿と一緒に正常に排出されにくくなる傾向があるため、高カリウム血症を引き起こし、循環器に大きな負担を与えることになります。バナナのカロリー、身体に与える悪影響について、詳しくは『他の食品との比較で見るバナナのカロリー』をご覧ください。

ヘルスケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

fem.
fem.

毎日1つ。ドクター監修の簡単ヘルスケア・ビューティー習慣!