ブロモバレリル尿素

更新日:2017/03/23 公開日:2016/11/29

中枢神経系用薬

薬の成分ブロモバレリル尿素の効能・効果、副作用、使用上の注意を、薬剤師による執筆・監修で解説します。

三星壮太朗

この記事の監修専門家

薬剤師
三星壮太朗

ブロモバレリル尿素は睡眠薬に配合される成分です。大脳皮質(本能、運動の調整、学習などのさまざまな機能)を抑制するとともに脳の覚醒を抑制して催眠・鎮静作用をあらわします。

効能・効果

この成分は、不眠症、不安緊張状態の治療に用いられます。

副作用

悪心・嘔吐、下痢、頭痛、めまい、ふらつき、知覚異常、難聴、興奮、運動失調、抑うつ、発熱などの症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。発疹、紅斑、そう痒感などの過敏反応や、手足の震え・けいれん、不安・幻覚などの依存性の初期症状があらわれた場合には、服用を中止し、すぐに医師の診察を受けてください。

使用上の注意

この成分が配合されている薬の服用により、その影響が翌朝以後におよぶことがあるので、自動車の運転など危険を伴う機械の操作は避けてください。アルコールは作用を強めてしまうので、飲酒は控えましょう。また、睡眠の途中で起きる用事がある場合は飲まないようにしましょう。飲み忘れて就寝し、途中で目が覚めてしまった場合は、翌朝起きる時間まで十分な時間があれば、1回分を飲んでもかまいませんが、起きるまでに十分な時間がないと、寝過ごし、起床時の眠気、ふらつきなどの薬の作用が残ることがあります。治療を受ける疾患や年齢・症状により適宜増減されますので、必ず指示された服用方法を守ってください。医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

公式アプリ

fem.
fem.

毎日1つ。ドクター監修の簡単ヘルスケア・ビューティー習慣!