右下腹部を中心に痛みを感じる腹痛について

更新日:2016/12/15 公開日:2016/12/09

腹痛の原因

局所的にズキズキとした腹痛が起こった場合、直下にある臓器の炎症などが原因となっている可能性があります。ここではドクター監修のもと、右下腹部の痛みが現れたときに疑われる病気について解説します。

右下腹部が痛む場合、大腸の一部である盲腸や虫垂、そして泌尿器、生殖器になんらかの異常がある可能性があります。盲腸や虫垂の病気といえば、虫垂炎が一般的なイメージですが、いずれも激しい痛みをともなう、急を要する病気です。

右下腹部の皮下にある大腸の役割

腸とは、胃から肛門までをつなぐ管状の臓器のことで、長さは成人で7~9mほどあり、幾重にも折り重なる形で腹部に収められています。盲腸は大腸の一部に分類され、大腸は小腸で栄養素の吸収が終わった食べ物の残りカスを便に作り変える役割を持っています。盲腸はちょうど右下腹部の皮下に位置し、盲腸の先には虫垂と呼ばれる突起があります。ごくまれに、先天的な理由で盲腸の位置が左右逆転している人もいます。

また、右下の大腸の背中側には泌尿器、生殖器が存在します。右下腹部に痛みがある場合、具体的には、膀胱、前立腺、子宮と関連した病気が見つかることもあります。

なかなか痛みが引かない体性痛の危険性

腹痛は発生した箇所や神経伝達経路の違いなどで、内臓痛・体性痛・関連痛の3つに分けられます。

一般的に腹痛と呼ばれるのが、内臓痛にあたります。食生活の乱れやストレスなどが原因で発症します。香辛料や脂肪分の多い食品を大量に摂取した翌日などは要注意です。あまり急を要する症状ではなく、市販薬を服用し、安静にしていれば快方に向かうケースが多い腹痛です。もし胃の内部や腸に炎症が見られる場合、急性胃腸炎と診断されます。

一方、鋭い痛みが局所的に30分ほど続く腹痛は体性痛に該当します。体内で強い炎症が起きており、患部を指で押したときや、歩くたびに響くような痛みを覚えます。また、重度の炎症が見られる場合、患部に関連した別の臓器の神経が刺激され痛みを感じることがあり、これを関連痛といいます。

右下腹部が持続的に痛むというように痛む箇所が具体的な場合は、体性痛である可能性が高いでしょう。この場合の体性痛は、盲腸や泌尿器、生殖器と関連した他の病気を併発していることもあり、すぐに病院を受診する必要があります。採血検査やレントゲン検査などの結果によっては、緊急手術が必要で即時入院ということも考えられます。

右下腹部痛があるときに疑われる代表的な疾病

右下腹部に痛みが走る場合、男女別で見られる症状と、男女共通で見られる症状があります。

虫垂炎

いわゆる盲腸のことです。腸管の壁が薄く、免疫防御機構が働きにくい虫垂に炎症が起こります。抗生物質の治療にも反応せず、症状が悪化し穿孔が見られると、細菌が体内に流出し敗血症を引き起こすため、緊急手術が必要となります。

大腸癌

日本でも急速に患者数が増えているのが大腸癌です。食物繊維の不足によって、便の体内での滞留時間が長くなることが原因の1つとも考えられています。自覚症状が乏しいため、定期的な検査で早期発見に努める必要があります。腹痛以外でも、排便時の違和感や、血便が見られる場合は注意しましょう。

過敏性腸症候群

小腸・大腸の運動や分泌機能の異常による病気です。腹痛の症状以外でも、下痢や便秘などが同時に現れることもあります。暴飲暴食や睡眠不足だけでなく、ストレスなどの心理的な要素なども発症要因となります。

感染性腸炎

細菌やウイルスなどの病原体によって腸が炎症を起こした状態です。腹痛の他、発熱、下痢、嘔吐といった症状が出ます。加熱殺菌処理されていない水や食品を媒介として発症するケースが多いです。

前立腺肥大症(男性)

前立腺が肥大することにより、尿道が圧迫され排尿困難や頻尿が起こる病気です。男性で、主に60歳以上の人に多く見られる症状です。前立腺肥大により膀胱に尿が溜まると排尿障害によって下腹部に痛みが走ることもあります。前立腺肥大の診断には泌尿器科への受診が必要になります。

前立腺炎(男性)

前立腺に炎症が起こり、排尿が困難になります。症状の程度は人によって異なり、下腹部が激しく痛む場合もあります。前立腺肥大症が比較的高齢の男性に多く見られるのに対し、前立腺炎は30代で罹患するケースも少なくありません。

卵管炎・卵巣炎(女性)

病原菌によって卵管・卵巣が起こす炎症を指します。症状としては、発熱や腹痛があげられますが、卵管や卵巣に膿が溜まり、粘性のおりものとして体外に排出されることもあります。出産や性交渉時、生理用品を長時間着用した場合などに感染しやすくなるともいわれています。

子宮頸癌(女性)

子宮頚部にできる癌で、性交経験が多い女性、出産経験者に多く見られる病気です。性器からの不正出血が主な症状です。癌細胞が肥大化すると、下腹部に痛みを感じるようになります。

子宮筋腫(女性)

子宮筋腫は子宮にできる良性の腫瘍で、ホルモン分泌に比例して肥大化しますが、閉経とともに縮小します。生理痛のような自覚症状があります。筋腫が肥大化するにつれ、膀胱や骨盤内の臓器を圧迫するため、頻尿や下肢のしびれといった症状が見られることもあります。

重症なケースもある

右下腹部に痛みがある場合、まずは安静にして経過を見ることと、受診の際に助けとなるように痛みの頻度と持続時間を記録することが大事です。主に大腸周辺に感じる痛みですが、便秘が原因で痛みが現れる場合も多々あります。排便と同時に腹痛が快方に向かうこともあるので、日ごろの栄養管理や生活習慣の見直しも腹痛の再発予防に役立ちます。

ただし、今回ご紹介したように、緊急な治療を必要とする病気が原因となっている可能性も高いので無理は禁物です。安静にしていても回復の兆しがない、または、同じ場所がくり返し痛むという人は、医療機関の受診を検討したほうがよいでしょう。

今すぐ読みたい