ダイエットに効果的?骨盤矯正に解消が期待される症状は

更新日:2016/12/20

マッサージ・生活

健康やダイエットの分野では、いまや骨盤矯正が定番になっています。骨盤が歪むと太る、骨盤矯正はダイエットに効果があるともいわれています。骨盤矯正は本当にダイエットに効果があるのか、ドクター監修の記事で詳しく解説します。

骨盤の歪みを矯正するとダイエットに効果があるとよくいわれ、骨盤が歪むと全身にさまざまな悪影響が出るといわれています。骨盤が歪むとはどういうことなのか、骨盤を矯正すると本当にダイエット効果があるのかを見ていきましょう。

骨盤の歪みのメカニズム

骨盤は、大腰筋、腸腰筋、骨盤底筋群といった筋肉によって支えられ、寛骨、仙骨、尾骨という3つの骨で成り立っています。骨盤の歪みというのは、骨盤が本来あるべき場所にないことを指します。たとえば、長時間のデスクワークなど、偏った動作を続けることで筋肉や関節がその位置に固まりやすくなってしまい、骨盤の歪みが起こることが多いとされています。これにより、頭から脚まで全身に影響が出ることもあります。

また、偏った動作では、骨盤底筋群が衰えてしまいます。この骨盤底筋群は子宮、膀胱、直腸といった臓器を支えているため、衰えると血液の循環や老廃物の排出が滞ってしまうことになります。他にも、脚の長さが左右で違う、脚がだるい、首のこりや頭痛、肩こり、便秘・生理痛、むくみ・冷え性などが、骨盤の歪みによる具体的なトラブルとしてあげられます。

骨盤ダイエットのメカニズムと注意点

便秘、生理痛、むくみや冷え性というトラブルは、骨盤が歪むことによって下半身の血液の流れが悪くなっていることが1つの要因として考えられています。そういったトラブルを解決するための方法として、骨盤ダイエットがあります。骨盤の歪みを解消すると、老廃物の排出が促され、むくみや冷え性が緩和される効果が期待できます。血液のリンパの流れがよくなることで基礎代謝がアップし、痩せやすい身体を作ることが可能です。しかし、骨盤ダイエット自体に痩身効果があるわけではありません。

また、骨盤矯正には、骨盤の歪みから生じていた脚長差のトラブル解消に期待が持てます。骨盤矯正で体重が減るわけではありませんが、歩いたり立ったりするときの姿勢をよくすることができます。

骨盤矯正の効果

骨盤が歪んで正しい位置からずれると、そこにできた空間を脂肪が埋めてしまうことで太るともいわれています。このトラブルを解消するには、骨盤を支える筋肉である骨盤底筋群を鍛えながら骨盤矯正を行うことが重要とされています。骨盤の歪みを解消しながら筋肉を鍛えることで、血液のリンパの流れがよくなり、代謝が活発になり、脂肪燃焼の効果がみられるという考え方です。骨盤矯正で直接代謝量のアップができることを示すデータは、今現在十分ではありませんが、骨盤矯正による間接的な代謝量アップには期待できるといえるでしょう。

これらのことから、骨盤矯正に直接ダイエット効果があるとはいえません。しかし、骨盤の歪みを矯正することで、ダイエットしやすい身体のベース作りをすることができます。骨盤の歪み方は一人ひとり違うので、自分に適した骨盤矯正の方法を見つけましょう。

骨盤矯正の方法については『ストレッチ?整体?自宅でもできる?骨盤矯正の方法とは』をご覧ください。

関連記事

公式アプリ

fem.
fem.

毎日1つ。ドクター監修の簡単ヘルスケア・ビューティー習慣!