エスタゾラム

更新日:2017/03/23 公開日:2016/11/29

中枢神経系用薬

薬の成分エスタゾラムの効能・効果、副作用、使用上の注意を、薬剤師による執筆・監修で解説します。

三星壮太朗

この記事の監修専門家

薬剤師
三星壮太朗

睡眠薬に配合される成分のひとつです。脳内で作用し、入眠障害、熟眠障害、早朝覚醒にも効果を示します。神経症性、精神病性、器質性の不眠症、手術前夜の睡眠障害、麻酔前投薬にも用いられます。

効能・効果

この成分は、不眠症の治療に用いられます。また、麻酔前に使用されることがあります。

副作用

眠気、ふらつき、めまい、歩行失調、頭痛、不快感、気分の高揚、構音障害(発音することが困難)、貧血、血圧低下、悪心、口渇、口内苦味感、倦怠感、脱力感などの症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。発疹、そう痒感、けいれん・ふるえ、不眠・不安、幻覚・妄想、息苦しい、興奮する、錯乱する、発熱、のどが痛い、体がだるいなどの症状があらわれた場合には、服用を中止し、すぐに医師の診察を受けてください。

使用上の注意

エスタゾラムが配合されている薬の服用により、その影響が翌朝以後におよぶことがあるので、自動車の運転など危険を伴う機械の操作は避けてください。アルコールにより作用を強めてしまうので、飲酒は控えましょう。なお、治療を受ける疾患や年齢・症状により適宜増減されます。眠れないからといって自分で勝手に服用量を増やさないでください。必ず指示された服用方法を守ってください。また、睡眠の途中で起きる用事がある場合は飲まないようにしましょう。飲み忘れて就寝し、途中で目が覚めてしまった場合は、翌朝起きる時間まで十分な時間があれば、1回分を飲んでもかまいませんが、起きるまでに十分な時間がないと、寝過ごし、起床時の眠気、ふらつきなどの薬の作用が残ることがあります。誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

公式アプリ

fem.
fem.

毎日1つ。ドクター監修の簡単ヘルスケア・ビューティー習慣!