フルラゼパム塩酸塩

更新日:2017/03/23 公開日:2016/11/29

中枢神経系用薬

薬の成分フルラゼパム塩酸塩の効能・効果、副作用、使用上の注意を、薬剤師による執筆・監修で解説します。

三星壮太朗

この記事の監修専門家

薬剤師
三星壮太朗

不安、緊張を和らげ、催眠効果がある成分です。長時間作用する睡眠薬に含まれており、入眠障害、熟眠障害や早朝覚醒などいずれのタイプの不眠症にも有効です。抗不安作用もあるため、日中不安の改善や精神的な睡眠障害にも効果があります。服用中止後も、不眠の再発や、リバウンドを起こす可能性が少ないです。

効能・効果

この成分は、不眠症の治療や、手術で麻酔をかける前に不安や緊張を鎮めるためにも使われます。

副作用

主な副作用は昼間の眠気、ふらつき、倦怠感、頭が重い、口渇などです。このような症状に気付いたら、主治医または薬剤師に相談して下さい。手足の震え、不眠、不安、呼吸をしにくいなどの症状があらわれたらすぐに服用を中止して、医師の診察を受けて下さい。また、これ以外の症状でも、気になる症状が現れた場合にはすぐに医師または薬剤師に相談しましょう。

使用上の注意

不眠症には、就寝の直前に服用し、睡眠の途中で一時的に起きて仕事などをする可能性がある場合は服用しないでください。また、服用した翌朝以降も眠気や、注意力・集中力・反射運動能力の低下が起こることがあるため、自動車の運転や高所での作業等、危険を伴う機械の操作は避けましょう。不眠症のほか、不安や緊張を和らげる作用があります。年齢や症状によって適宜増減されますので、必ず指示された服用方法に従って服用してください。自己判断での中止や、服用量の変更をしてはいけません。飲酒によって、成分の作用が強く出ることがあるため、服用中は飲酒を避けましょう。

公式アプリ

fem.
fem.

毎日1つ。ドクター監修の簡単ヘルスケア・ビューティー習慣!