【青い紅茶】美容の救世主!「バタフライピー(アンチャン)」がもたらす嬉しい効果

更新日:2016/11/10 公開日:2016/11/10

話題の情報

美容効果や整腸作用など、さまざまな機能を持つハーブティーは、女性にとって身近なドリンクです。その中で鮮やかなブルーの「バタフライピー」というお茶に注目が集まっています。どんな効果があるのかご紹介しましょう。

ホットドリンクが恋しい季節。いつも飲むドリンクに美容効果があったらより良いと思いませんか?タイで生まれたバタフライピー(アンチャン)というハーブティーが、さまざまな美容効果を持つことから注目を集めています。どんなお茶かご紹介しましょう。

天然のブルーが美しいバタフライピー

バタフライピーは、一見目を疑うほど鮮やかなブルー色をしたハーブティーです。タイでは「アンチャン」と呼ばれ、広く親しまれているこのハーブは、豆科の植物で6月から10月に花をつけ、柔らかいものは食用としても使われています。バタフライピーはクセはなく、砂糖やはちみつなどと混ぜて飲んだり、炭酸で割って飲むのが人気です。

アントシアニン豊富なアンチエイジングティー

バタフライピーのブルーの色素の元となっているのが「アントシアニン」の存在。アントシアニンはブルーベリーに豊富に含まれることで有名で、高い抗酸化作用を持ち、眼精疲労の解消にも有効な成分です。

ハーブティーで飲めば、アンチエイジングの強い味方となる上、メタボリックシンドロームの予防や、血圧の上昇の抑制、動脈硬化の抑制といった効果も期待できます。

さらに、バタフライピーを飲むだけでなく、洗髪時にお湯で抽出した成分をコンディショナー代わりに使えば、白髪や抜け毛を防ぐ効果もあるのだそうです。

ちょい足しレシピでバタフライピーを有効活用!

バタフライピーを楽しむ際は、そのまま飲んでももちろんOKですが、はちみつやレモンを加えても良いでしょう。

はちみつには女性に嬉しい美容効果がたくさんあり、保湿作用の他、整腸作用や貧血予防に役立つ有効成分を豊富に含んでいます。また、ポリフェノールが含まれているため、バタフライピーと一緒に飲めば高い相乗効果が期待できます。

レモンはビタミンCを豊富に含む美肌食材として有名です。ビタミンCは抗ストレスビタミンでもあることから、お疲れ気味の時には、レモンを入れて飲むのがおすすめです。バタフライピーにレモンを加えると、紫やピンクに色が変化するため、自分好みにアレンジしても楽しいですよ。

見た目に美しく高い美容効果を併せ持つバタフライピーを、ぜひ取り入れてみてはいかがですか。

公式アプリ

fem.
fem.

毎日1つ。ドクター監修の簡単ヘルスケア・ビューティー習慣!