緑色の痰(たん)が出る原因と考えられる病気

更新日:2017/12/07 公開日:2017/04/13

痰の種類

緑色の痰(たん)が出たとき、背後にどのような病気があるのでしょうか。また、なぜ痰が緑色になるのでしょうか。緑色の痰が出る原因と、考えられる病気、また対処法についてドクター監修の記事で解説します。

板東浩先生

この記事の監修ドクター

医師
板東浩先生

痰(たん)の色が緑色をしているときは、どのような病気が考えられるのでしょうか。緑色の痰が出る原因を知り、正しく対処しましょう。

緑色の痰が出る理由

痰は原因となっている病気によって色や形状が異なります。痰が緑色になる原因は細菌です。「緑膿菌」という菌などが作る色素により、痰が黄緑色っぽくなります。古い膿(うみ)が混ざっている粘り気の強い緑色の痰は、気管支系の病気が原因であると考えられます[1]。

緑色の痰で考えられる病気

緑色の痰が出る主な病気は次のとおりです。

びまん性汎細気管支炎

気管支の末端に近い部分に炎症が起こる病気で、咳や痰、身体を動かしたときの息切れが主な症状です。特に、膿性の痰が大量に出るのが特徴です。最初は黄色い痰が出ますが、症状が悪化すると緑色の痰に変わってきます。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

主に喫煙が原因となって起こる、慢性気管支炎と肺気腫です。喫煙との関わりが深く、COPDになる人のうち、8割が日常的にタバコを吸っています。気道や肺に炎症が起こり、肺が正常に働かなくなります[1][2][3][6]。

気管支拡張症

気管支が拡張して戻らなくなる肺の病気です。黄色から緑色の痰がたくさん出るようになる他、咳や呼吸困難、高熱、倦怠感、体重の減少が見られます。自覚症状が全くないケースもあります。緑色の痰の原因となる緑膿菌は、人体だけでなく自然界にも存在している常在菌です。もともとは危険な菌ではありませんが、免疫機能が低下すると感染して肺炎などの病気を引き起こすことがあります。

緑色の痰が出るときの対処法

痰を出しやすくするセルフケア

薬を使わない場合は、少量の塩を入れたぬるま湯でうがいをします。痰が治まらない場合は、何らかの病気の可能性もありますので、医療機関で診察を受けます。咳が出る場合は、温かいシャワーでのどを潤したり、水をよく飲んだりすると効果的です。痰が出ている間は、タバコは控えてください[2]。

痰を出しやすくする去痰薬

医療機関で診察を受けると、痰を出しやすくするために去痰薬を処方されることがあります。一般的に用いられる去痰薬のムコダインは、痰の粘り気を減らして出しやすい状態にします。また、気管支の粘膜を修復する効果もあります。痰を出しやすくする効果を持った薬は市販薬の中にもあります[5]。

緑の痰が出る原因の対処法

痰はあくまで原因となる病気の症状の一つですので、COPDであれば息を楽にする薬、感染症であれば抗菌薬など病気に対応した治療が重要です[1]。

参考文献

  1. [1]呼吸器Q&A. "黄色または緑色のたんが出ます" 日本呼吸器学会. https://www.jrs.or.jp/modules/citizen/index.php?content_id=52 (参照2017-12-1)
  2. [2]MedlinePlus. "cough" NIH. https://medlineplus.gov/ency/article/003072.htm (参照2017-12-1)
  3. [3]玉置淳. “喀痰への対応.” medicina, 2015; 52.(9): 1452-1455
  4. [4]MedlinePlus. "Chronic obstructive pulmonary disease" NIH. https://medlineplus.gov/ency/article/000091.htm (参照2017-12-1)
  5. [5]浦部晶夫ほか編. 今日の治療薬2017. 南江堂.2017; 702.

今すぐ読みたい