便秘の原因と解消方法について

更新日:2017/01/31

便秘の原因

気がつくともう何日も排便がない、いつもお腹が痛くなる、といったつらい便秘に悩まされている方は少なくありません。そもそも便秘とは一体どのような状態なのか、その原因と具体的な解消法について、ドクター監修の記事で解説します。

梁川厚子先生

この記事の監修ドクター

ヤナガワクリニック 院長
梁川厚子先生

多くの方が悩まされている便秘には、さまざまな原因が考えられます。ここでは、便秘の原因を知り、改善させるための具体的な方法について詳しく解説します。

そもそも便秘とはどのような状態のことなのか

排便の習慣には個人差があります。そのため、たとえ数日に1回の排便の場合でも、定期的に排便があり、つらい症状を感じなければ便秘とは言い切れません。一般的な便秘の場合においては、排便回数や量の減少、腹部に感じる不快感、腹痛、残便感などがあげられます。また、それにともない、食欲不振や頭痛、全身がだるく感じるなどの症状が生じる場合もあります。

便秘の原因は食生活にある

便秘の大きな原因としてあげられるのが、食生活です。不規則な生活を送り、食生活が乱れがちになると栄養のバランスがかたよるため、便秘が引き起こされます。また、ダイエットなどで朝食を食べないなど、小食になると便秘になる可能性もあります。まずは、バランスのよい食事を同じ時間にしっかり食べることで消化活動が始まり、正しい排便が行われ、便秘が改善されていきます。

運動不足など生活習慣も原因になる

運動不足になると、血行不良や筋肉の低下を招き、便秘の原因になります。毎日の生活の中で手軽にできるウォーキングやジョギング、ヨガやストレッチなどをすることも便秘の解消につながります。また、忙しくて運動をする時間がないという方は、エスカレーターやエレベーターを使わず、なるべく階段を利用することや、通勤電車の1つ前の駅から歩くなど、意識的に体を動かすことを心がけましょう。

ストレスも便秘の原因に

ストレスもまた、便秘を引き起こす原因のひとつです。ストレスを感じると、自律神経が乱れ、胃腸の働きをにぶらせてしまうため、便秘の原因になります。自律神経の乱れが原因となる痙攣(けいれん)性便秘と呼ばれるものは、コロコロとした小さな便になります。また、特徴として、下痢と便秘をくり返す症状がみられます。

便秘を改善させる生活習慣とは

便秘を改善させるためには、朝食をとり、水分補給をすること、そして食物繊維の多い食物を摂取し、軽い運動を毎日の生活にとり入れることが効果的です。まずは、朝食をしっかり食べるようにしましょう。腸を刺激して排便を促すためには、これが何よりも重要となります。また、水分不足も便秘の原因になるので、必ず水分を補給するよう心がけましょう。特に朝の水分摂取は、腸に刺激を与え排便を促す作用があるので、必ず水分補給の習慣をつけることも大切です。さらに、毎日の食生活で心がけたいのが、食物繊維が多く含まれる食品を摂取し、腸内環境を整えることです。加えて、ストレッチやマッサージなどの軽い運動を取り入れ、ストレスをためない生活を送ることが大切です。

便秘に効果的な食材とは

便秘を改善するために効果的な食材は主に、バナナやリンゴなどの果物や、ごぼうなどの根菜類、納豆などを含む大豆、昆布やこんにゃくなどの海藻類、そして、しいたけなどのきのこ類です。また、腸内環境を整え、善玉菌を増やす役割を持つビフィズス菌や、乳酸菌を多く含む、ヨーグルトや味噌、漬物なども積極的に食べるように心がけましょう。善玉菌のエサとなるオリゴ糖を含む食品であるたまねぎ、ごぼう、にんにく、アスパラガスなども腸内環境を整える役割を果たしてくれます。

今すぐ読みたい