便秘になるのは水分不足が原因?

更新日:2017/03/08 公開日:2017/02/27

便秘の原因

便秘にはさまざまな原因がありますが、改善するために大切なことの1つに水分補給があります。水分不足が便秘を引き起こしている場合も多いため、注意が必要です。水分と便秘の関係性と解消法についてドクター監修の記事で解説します。

便秘を引き起こす原因のひとつとして、水分不足があげられます。ここでは、水分が不足することで便秘となる理由や、改善させるための正しい水分補給の方法について詳しく解説します。

水分不足になると便秘になりやすい理由

1日に摂取する水分の量が少ないと便秘になりやすくなります。水分を摂取する量が少なくなると、便が硬くなり、排便がスムーズに行われなくなるためです。便をスムーズに排出するには、大腸でたくさんの水分が必要となります。私たちが食べた食物は、胃や小腸などで必要な栄養素を吸収された後、残ったものが大腸へ送られ、そこで大量の水分を吸収されて、便の形が形成されます。そのため、スムーズに排便するには、多くの水分が必要不可欠です。日常生活の中で、つい怠りがちな水分補給ですが、便秘を防ぐためにも、こまめに水分を摂ること、そして、十分な量の水分を摂取することが大切です。

便秘解消に効果的な水の飲み方

便秘を解消するために最も効果的な水の飲み方は、朝起きた時にしっかりと水を飲むことです。コップ1~2杯の水を起きがけに飲むことで、睡眠時に体外に蒸発した不足している水分を補い、腸が刺激され排便を促すことにもつながります。

便秘解消に効果的な水の種類

便秘を解消させるためには、冷たい水を朝食の前に飲むことが効果的です。目安の量は、500ml程度です。ただし、お腹の弱い方や冷え性の場合は、自身の体調に合わせた温度の水を飲むようにしてください。冷たい水が腸を刺激して、便の排出を促してくれますが、体調によっては、下痢や冷えを引き起こす場合もあるので、注意しましょう。

便秘解消のための生活習慣

便秘を解消させるためには、水分摂取が必要ですが、生活のリズムを整えることも大切です。たとえば、朝食を決まった時間に必ず摂ることや、規則正しい排便習慣を身に付けるために朝食後には必ずトイレに行くことを欠かさないようにしましょう。軽い運動をとり入れて腸の運動を刺激することも大切です。便秘を解消させるために、十分な睡眠をとることも必要なので、睡眠不足が続いている方はまず睡眠時間の確保から始めてください。腸の働きを促すためには、胃腸を含めた身体全体を休ませてあげることも大切です。