溶連菌感染症の症状について

更新日:2017/01/30 公開日:2017/01/30

溶連菌感染症の基礎知識

溶連菌感染症は、子供がかかりやすい病気のひとつですが、発症するとどんな症状が現れるのでしょうか。ここでは、溶連菌感染症の症状や合併症、予防のために気をつけたいことなどをドクターの監修のもとご紹介していきます。

溶連菌感染症は、溶連菌(A群β溶血性連鎖球菌)という細菌によって起こる感染症で、特に子供がかかりやすい病気です。ここでは、溶連菌感染症の中でも、特に発生頻度が高い咽頭炎(A群溶血性連鎖球菌咽頭炎)の症状や合併症などをご紹介していきます。

溶連菌感染症(A群溶血性連鎖球菌咽頭炎)の主な症状

溶連菌感染症(A群溶血性連鎖球菌咽頭炎)では、2~5日ほどの潜伏期間を経て、次のような症状が現れるようになります。

発熱

突然38~39度の高熱が出て、頭痛や全身倦怠感などが見られます。

のどの変化

のどが赤く腫れ上がり、痛みを感じます。

イチゴ舌

舌がイチゴのように赤くブツブツしてくることがあります。

全身の発疹

発病してから1~2日くらいすると、顔やわきの下、下腹部、手足などを中心に、小さな赤い発疹が現れ、かゆみをともなうことがあります。

皮膚落屑(らくせつ)

発疹などの症状が治まると、手足の指先から皮がむけてくることがあります

溶連菌感染症の合併症

溶連菌感染症にかかっても、抗菌剤を服用すれば、2~3日ほどで熱が下がり、その他の症状も治まっていきます。しかし、この段階では、まだ溶連菌を完全に退治できていないため、ここで薬の服用をやめてしまうと、リウマチ熱や急性糸球体腎炎といった重篤な合併症を引き起こすことがあります。

リウマチ熱

リウマチ熱は、溶連菌感染症の治療が不十分なときに、治ってから2~3週間ほどして発病する病気で、突然39度前後の高熱が出るとともに、大きな関節に強い関節痛が現れます。これは、溶連菌を排除するために作られた抗体が、間違って自分の関節や心臓などを攻撃してしまうことで生じると考えられており、約半数には心炎(心臓の炎症)が起こり、適切な治療が行われないと、心臓の弁に障害が残ることがあります。

急性糸球体腎炎

急性糸球体腎炎は、溶連菌を排除するために作られた抗体と溶連菌が結合したものが、血液をろ過して尿をつくる腎臓の糸球体に引っかかって、目づまりを起こすことで生じる病気で、血尿やタンパク尿、高血圧、尿量の減少、むくみなどの症状が現れます。適切な治療を受ければ、子供の場合は、ほとんどが完全に治るといわれていますが、大人の場合は、異常が長引くケースが30~50%ほど見られ、中には腎機能障害が残ってしまうケースもあるようです。

溶連菌感染症の予防法

うがい・手洗いの徹底

溶連菌感染症は、感染している人の咳やくしゃみなどで飛び散ったしぶきを直接吸い込んだり、菌のついた手で口や鼻に触れたりすることで感染します。ですから、感染を防ぐためには、うがい・手洗いを徹底することが重要です。

マスクの着用

飛沫感染を防ぐためには、溶連菌感染症が流行しやすい冬場や春から初夏にかけて、マスクを着用することも有効です。また、マスクの着用は、自分が感染しているときに、周囲の人にうつさないための配慮にもなります。

感染者との食器などを共有しない

家族の中で、溶連菌感染症の感染者が出たときは、食器やコップ、タオルなどの共有を控えましょう。

今すぐ読みたい