5155名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

おでこにしわができる原因と改善方法、予防方法

更新日:2017/03/17 公開日:2016/11/29

できてしまうと一気に老けた印象を与えてしまうおでこのしわ。若い頃は会話中の表情の変化で現れますが、正しいケアをしなければそのまま定着して深く刻まれてしまいます。

そのような悩ましいおでこのしわの原因や改善方法、予防方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

おでこのしわのタイプと原因

一般におでこのしわは「表情ジワ」に分類されます。この表情ジワとは、笑ったときや目を見開いたとき、日常の中で無意識にする表情などでできるしわが、真顔になっても残ってしまう状態を指します。また、肌は紫外線などによる乾燥や加齢による水分不足、コラーゲンやエラスチンの減少で弾力が失われてしまいますが、その状態で同じ表情をくり返していると、一時的にできるしわがもとに戻らず肌に定着してしまうのです。

おでこのしわ特有の原因

おでこのしわには額の中心の左右にできる横のしわと、眉間に縦にはいるしわの二種類がありますが、どちらも表情や皮膚の形状が肌に記憶されることでつくられます。

横にはいるしわの場合は頭皮が垂れ下がってくることや、筋肉の低下が原因に加えられます。

また、加齢とともに眼瞼下垂といって瞼の開きが悪くなってしまうと額の筋肉(前頭筋)の動きで代償的に瞼を持ち上げるようになってしまうため額にシワが出来てしまう方も多く見られます。

眉間にできる縦のしわは、しかめっ面などの不機嫌な表情からくるしわです。不機嫌な表情が顔に定着するなんて、あまりいいことではありませんので、なんらかの予防をすることが望ましいでしょう。また眉間のシワは近視などがありピント調節のために遠くを睨むクセのある方にも生じやすいです。

日常的な肌への負担が招くおでこのしわ

紫外線や乾燥による肌へのダメージがしわができる原因のひとつですが、おでこは紫外線を受けやすく外気にふれやすいため、しわができやすい部分だと言えます。また、おでこは皮脂の分泌量も多くてかりやすいので、洗顔や洗髪の時に洗い過ぎてしまうことも、しわができる原因の1つとなります。過剰な洗顔は皮脂を取りすぎて乾燥が進んでしまいますので、優しく労わるように洗ってください。

おでこのしわの改善方法と予防方法

消すことが難しいといわれるおでこのしわですが、生活習慣の改善やスキンケアによってある程度薄くすることは可能です。万全の対策をして、若々しい表情を取り戻しましょう。

おでこにしわをつくりやすい表情を意識して、予防・改善する

おでこの横ジワは「前頭筋」、眉間の縦ジワは「皺眉筋(スウビキン)」という筋肉を動かすことによって、つくられます。また、作り笑いをするときのように無理に顔に力をいれてしまうと、過剰に筋肉が働き肌に負担をかけてしまいます。

常に自然な表情を心がけることが、おでこのしわの予防と改善に役立ちます。また、正しい姿勢を保つことも顔の筋肉に負担がかからないため、有効な方法です。

コラーゲンとエラスチンの機能を高める

肌のなかでも、真皮層の水分量を保つことがしわをつくらない秘訣です。そのためには、コラーゲンとエラスチンの機能を高める必要があります。

コラーゲンには、水分を保ち酸素の供給や老廃物の除去など肌の弾力を維持するための役割があり、エラスチンはそのコラーゲンを支えています。しかし、紫外線を浴びることによるダメージや、ストレス、生活習慣で発生する活性酸素によって、このコラーゲンとエラスチンの機能が低下してしまうのです。

そのためにも、なるべく紫外線を浴びないようにUVケアをすることが大切です。また、活性酸素による肌ダメージを防ぐためにも、良質な睡眠を取ったりストレスを溜めたりしない、タバコを吸わないなどの正しい生活習慣を心がけてください。

スキンケアによる予防・改善

おでこのしわの予防や改善には、正しいスキンケアをすることがポイントです。スキンケアで肌の保湿や紫外線ケアを心がけましょう。また、コラーゲンの生成を促すビタミンC配合の化粧品も有効ですので、ドラッグストアなどで探してみるのもいいでしょう。

マッサージによるしわの改善

眉のあたりから上に向かって指で皮膚を押しあげることや、眉間から外側に向けてソフトにマッサージすることは、皮膚がたるんでできたおでこのしわの改善に有効です。入浴中などの血流のよい時を利用して、毎日繰り返し行うことが大切です。

頭皮を柔らかくする改善方法

頭皮と顔の皮膚は繋がっているため、頭皮がコリで固くなるとおでこに負担がかかり、しわの原因のひとつになるといわれています。たとえば、毎日のシャンプー時に頭皮をマッサージすることで、頭皮のコリがほぐれておでこへの負担が軽減し、しわが改善される場合もあります。

改善がみられなければクリニックへ

しっかりとおでこに刻まれて改善がみられない深いしわには、クリニックでの治療がおすすめです。

代表的な施術として、筋肉の動きを弱めてしわを改善する「ボトックス注射」や、皮膚の容量を増やししわを埋めたり溝を盛り上げたりしてくれる「ヒアルロン酸注射」があります。どちらも体に吸収されるため、定期的な注射が必要ですがとても有効な対策といわれておりますのでおすすめです。

ただし、人によっては副作用やダウンタイムが長引くなどのデメリットもあるため、十分なカウンセリングを受けることが大切です。

今すぐ読みたい

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート